ティータイム

技術は人に奉仕するためのもの…

2016-8-1 NEW!

 

7月26日放送のガイアの夜明け

『自分の力で歩きたい...~患者を救う"極めた技術"~』をご覧になりましたか?

 

「技術は人に奉仕するためのもの」...創業者本田宗一郎の意思を継ぎ、ホンダは

培ってきた技術を医療の分野で発揮しようとしていました。プロジェクトリーダーの

伊藤寿弘さんは、伝説のレーサー、あのアイルトン・セナのマシンを手がけた、

元F1チームのエンジニアです。

 

全く違う部署からの配属ですが、彼のチームが開発しているのは、病気や障害で

歩行が困難な人をアシストする機器の開発チーム。腰に装着し、足の振り上げ

・蹴り出しを誘導していきます。

 

冒頭から杖が無いと歩けない人が、歩行アシストを20分程使って訓練すると、

自力で歩行できるという映像が見せられます。奇跡でした…。本人の笑顔を

見れば一目瞭然の画期的な、夢の様なリハビリ機器です。

 

「より速く、より小さく、より軽く」というF1の使命を背負ってきた伊藤さんたち

開発チームは、歩行アシストのモーターや制御基板を小さく軽くすることを実現。

更に「テレメーター」という、走行中の車とピットのコンピューターを通信で繋ぐ

システムを採用。人型ロボットのアシモ君の歩行技術など、様々な技術の結集です。

 

そんな中、新たな課題として上がってきたのが...「歩行アシストを子どもにも

使えないか」という要望です。障害を持つ子供が自力歩行できると、より筋力が

高まって寿命が延びるのではと期待されています。

 

大人の場合は、過去に歩いた経験のある人だったので、記憶を取り戻す流れでしたが、

生まれた時から、正しい歩き方を経験していない子供に対しては、歩き方そのものを

歩行アシスト機器を通して掴んでもらう必要もあります。

 

実際に歩行アシストでリハビリを受けるのは、車イスか杖が無ければ自力移動できない

小中学生たち。番組でも1人の少年を取り上げて密着していきますが、その効果は、

大いに期待できるものでした。

 

筋肉を使わないまま年齢を重ねてしまうと、骨の成長に対して萎縮したままで硬化し、

高校を卒業する頃には全く歩けなくなるケースが多いという話ですから、本当に

夢のようなアシスト型機器です。

 

「技術は人に奉仕するためのもの」

 

本当に素晴らしいDNAです。
 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

『一本の糸』の思いが感じられる大島紬

2016-7-27 NEW!

 

毎週木曜日に放送されている大好きな番組の1つで『世界!ニッポン行きたい人応援団』

という番組から、今回はお話したいと思います。

 

今回はアメリカのノースカロライナ州に住むナサニエルさんが招待客。本やインター

ネットでニッポンの伝統的な織物を目にして以来、素朴で美しい色や柄の手つむぎや

手織りに魅了されたと言います。そのハマり様は、ネットを駆使して勉強し、自ら

綿花を育て紡績するばかりか、機織り機まで購入して、日本風の藍染にチャレンジ

してしまうほど。

 

そんなナサニエルさんは、日本に行けたら、伝統的な織り方や染め方について本物を

ぜひ見てみたい、特に奄美大島の「大島紬」に触れてみたいというのが夢でした。

夢が叶って招かれたのは、藍染めの本場である奄美大島で、昔ながらの伝統技術で

大島紬の染めを行う金井工芸他の皆さん。

 

大島紬は、糸を染める前から決められた図柄に合わせて、染めるための編み込みを行い、

編み込んだものをトコトン染めていきます。絣(かすり)むしろと呼ばれる絹糸の束を、

車輪梅というバラ科の樹木の染料で染めたあと、泥田につけます。すると、泥の鉄分と

車輪梅のタンニン酸が反応して色が変化し、大島紬独特の黒色に染まるのです。

 

染めが終わるまでの気の遠くなるような作業。これを泥染めと言い、染めた後は不純物が

出なくなるまで川で30分以上もみ洗いして、やっと泥染めが完了。この後、染めない

部分を縛っていた木綿の糸を解いて、やっと一本の糸に。

 

緻密に糸を一本ずつ染め分けるには大変な苦労がありますが、機織り機で寸分の狂いも

なく大島紬を織っていく作業も気の遠くなる作業でした。職人さんでも一日たった

20cmしか織ることができず、一反約12.5メートルを織るのに、なんと3ヶ月もかかり、

高度な染めの物は3000万円を超えるとか…。一本一本の糸を染めていくため、何と

リバーシブルで使える優れもの。日本人でありながら、知らなかった事ばかりの

1時間でした。

 

日本の文化に魅せられて、思いを寄せてくれる海外の人が居てくれることに感謝し

同じ日本人として誇りに思い、改めて日本の素晴らしさに気づかせてくれる・・・

そんなこの番組が長続きしてくれる事を願っています。明日28日は和菓子に惚れた

外国人が招かれるようで、これもまた今から楽しみです。 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

 

 

日本の大切な心を、改めて見つめ直す

2016-7-20 NEW!

 

カンブリア宮殿で、先日『日本の伝統行事』という村上龍さんの書かれた本が

紹介されていました。急激に拡大する“日本版ハロウィン”の市場規模は1,000億円を

超えたそうです。そんな中、村上龍さんが持った疑問は「ハロウィンの経済効果は

出すのに、なぜ七夕や月見は無視される?」という事。確かにその通りです。

そんな思いからか出版されたのが、日本独自の「伝統行事」を、改めて日本の資源と

捉えた『日本の伝統行事』。

 

日本の良さを見つめ直し、再確認していく中で、埋もれてしまった大切なものを

発掘し、活かして伝え、残していくこと…。最近は、そんなテレビ番組も多く、

●毎週火曜日放送のTBS『所さんのニッポンの出番』

●毎週木曜日放送のテレビ東京『世界!ニッポン行きたい人応援団』

●毎週月曜日放送のテレビ東京『YOUは何しに日本へ?』

・・・いずれも外国人の目を通して、日本を再確認させてくれる番組として、とても

楽しみにしている番組です。さきがけは『YOU・・・』でしたかね・・・

 

本当は素晴らしいのに、身近にあり過ぎて、その素晴らしさ素敵さに気付かないって

ありますよね。ご紹介した3つの番組は、日本人でありながらも知らなかった事を

外国人に教えてもらうという展開で、まだまだ日本の良さを分かっていないと

見るたびに思わされてしまいます。『ニッポン行きたい・・・』では、本当に一般の

日本人以上の専門知識を持った外国人が登場して驚かされっぱなし・・・

 

ところで、先の『日本の伝統行事』…読んでみたいと調べたところ、あの坂本龍一さん

監修「日本の童謡と唱歌集」CD3枚も付いていて、村上龍さんの執筆された文書全てに

英訳が併記されているとのこと。英語の勉強にもなりそうですね。更に膨大な絵と

写真も入っているとか。

 

誰もが口ずさめる懐かしい童謡・唱歌が、坂本龍一さん他、現代の音楽家、演奏者

によって蘇るという魅力も加わっているようですが、如何せんお値段が税込4,860円と

良いお値段(;^_^A。坂本龍一さん監修のCDが3枚入って、この値段なら安いとは思う

ものの・・・小遣い制の私には少々負担が大きく、なかなか高めのハードルです。

 

なので、こんなサイトを見つけたので、こちらをご参考になさって下さい。

私もご参考にさせて頂こうと思いますです。

 

********************************************************************

村上龍『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』公式サイト

    - 日本の伝統の美しさを見つめ直す時がきた。

       http://jte.ryumurakami.com/

********************************************************************

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

安心安全な食品提供に尽くす『らでぃっしゅぼーや』

2016-7-19 NEW!

 

カンブリア宮殿、『らでぃっしゅぼーや』の回、ご覧になりましたか? 美味しくて

安心安全な野菜を日本中の食卓へ!と題して、1988年創業の『らでぃっしゅぼーや』が

取り上げられていました。全国に16万世帯の会員を抱える、有機・低農薬野菜宅配の

最大手となっており、我が家も、家内が難病にかかってから、そんな会員の一軒となりました。

 

全国の2,600の農家と契約し、品質だけでなく、農薬の使用状況や畑の状態にいたるまで

関わり、家庭に届けられる梱包の中には、それぞれの生産者の名前から住所に至るまでの

情報も同梱され、安心安全なものを安定的に供給しようとしています。農家を出てから

36時間以内にこだわりの野菜を家庭に届けているというのも嬉しいところです。

 

更に今取り組んでいるのが、全国で絶滅に瀕している「伝統野菜」の復活。これまで

出荷量が少ないため流通に乗りにくかった伝統野菜を掘り起こし、レシピを添える等の

細かい対応までして顧客へ販売しています。手のかかる伝統野菜を付加価値の高い商品

として広めることで、農家の収入増につなげ、野菜の更なる魅力を伝えようとするだけ

でなく、伝統野菜の存続を守るという役割まで荷い始めていました。

 

もともとはNPO法人が立ち上げられた『らでぃっしゅぼーや』ですが、「こだわりの

生産者を守り、安心安全な野菜を家庭に届ける」という理念は今でも受け継がれています。

そんな『らでぃっしゅぼーや』も2008年ごろから徐々に売り上げが減少。2012年には

NTTドコモグループに入ることになります。このグループに入ったことはプラスでした。

 

現在、社長を務める国枝さんはかつてNTTドコモ九州の社長さん。顧客獲得合戦の

最前線でビジネスをしてきた国枝さんが、『らでぃっしゅぼーや』の現場で見たものは、

「生産者を大事にする」ということを大事にするあまり、ないがしろにされがちな

顧客目線でした。徹底した顧客目線でビジネスをやってきた国枝さんは、すぐに改革に

乗り出し、客の電話での音声によるクレームを全役員で聞き、改善策を練り続けています。

 

更に、配達だけでなくセールスもする自社ドライバーたちに対して表彰制度を設ける、

などなど。セールスドライバーと言うと佐川を思い出してしまいますが、そんな改革を

続けることで、国枝さんが就任してからわずか2年の間にV字回復を果たしています。

 

社長の国枝さんはさらなる新商品に動きだしており、それが「10分料理キット」。

あらかじめ野菜がカットしてあり、さらに調味料や具材もパックされているので、あとは

炒めるだけ。パッケージを開けてから10分で酢豚などの本格料理ができるというもので、

しばらく購入から遠ざかっていた家内もこれには注目。

 

野菜は勿論、季節の有機野菜、調味料も天然素材にこだわっているので、添加物の多い?

他社の物とは引き寄せられる気持ちの度合いも全く違ってきます。手間をかけて生産

された食材ですので、どうしても値段が高くて、ここ数年、我が家も購入していません

でしたが、ちょっと手を抜いて時間を作りたい時など、良いかも知れませんね。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

運命の日 54歳で登録抹消回避なるか・・・

2016-7-13 NEW!

 

BSジャパンで毎週日曜日に放送されている『運命の日 ニッポンの挑戦者たち』

という番組で、先週・先々週と2週に渡って放送された『最年長ガールズケイリン

選手の挑戦』を昨日まとめて録画で見ました。

 

自転車のセッティング、組み立てから競われる競輪って、日本で生まれたスポーツ

だったのですね。今更ですが…。そんな競輪の中でも2012年に復活して始まった

ばかりのガールズケイリンが今回の舞台。

 

鍛え上げた肉体を駆使して自転車を漕ぎ、女性同士でスピードを競うガールズケイ

リン。平均年齢27歳という世界で、今回は50歳でデビューを果たした高松美代子

選手が取り上げられていました。

 

早々に両親に先立たれ、子供達が大きくなった事をキッカケに後悔しない人生をと、

49歳で競輪学校に入学。50歳でデビュー。そして今年54歳という現役最年長選手です。

二人の娘を育て上げた高松選手は、現在も主婦と競輪の二足の草鞋で挑戦を続けています。

 

そんな高松選手に訪れていた大きな試練の日が、今回の運命の日。6月末までの成績

順位によって、全選手のうち下位3名が選手登録を抹消されるという入れ替えシステム。

6月の試合を残して、高松選手の成績は下から6番目。少しでも勝利し、現役を続行する

ことが出来るのか…。

 

今回はそんな高松選手の運命のレースの日を遡ったところから、当日を終えるまで

に密着していました。結果は、見事試練を乗り越えて現役最年長選手として続けら

れることに・・・。目標は、東京オリンピックまで現役でいる事だそうです。

 

正確な表現は忘れてしまいましたが・・・

『伸ばす事は出来なくても、無駄な部分を削ぎ落とす事は出来る』

とか、

『体力は劣っても、忍耐力・精神力・気力は、誰にも負けない』

そんな事を語る眼差しが輝いていたのは、とても印象的でした。

 

50歳過ぎて、心身ともに衰えを感じていく人が多い中、諦めず前進できる高松選手。

鉄人です。私も、刺激を受けたいところですが、55歳にして足腰ボロボロで…。

女性の底力を感じさせられた今回でした…。
 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

困った時の頼れる『住医』

2016-6-27 NEW!

 

6月23日に放送されたカンブリア宮殿をご覧になられましたか?

感動のリフォーム会社として『さくら住宅』という会社が取り上げられていました。

 

横浜市栄区の桂台地区では、住民の5世帯に1世帯がさくら住宅を利用している

という驚きの占有率。目指すのは住まいのかかりつけ医という姿勢で、困った時の

頼れる『住医』として、出張費込みで数千円の小口工事が仕事の4割を超えていました。

それでもリピーター率7割を超え、営業して回らなくても、リピーターの中から、

或いは紹介から大リフォームにつなげ、18年連続の黒字経営を達成しているのです。

 

さくら住宅の株主は、なんと65%が顧客という事も驚きで、株主総会では社長の

健康を気遣う意見や、『配当はいいから、社員の給料を上げてやってくれ』と言われる

ほどで、なんと良好な関係なんだろうと思いました。

 

かつて大手住宅メーカーに勤めていた二宮社長は、「家を売ったら終わり」という、

当時の業界の考え方に疑問を持ち、50歳で独立。客が幸せになる会社を目指すことを

決意した『さくら住宅』は、今や地域になくてはならない存在になっていました。

そんなさくら住宅に対して、客は値引き要求をしない関係性が成り立っているのです。

 

社員に対しても、ノルマなしで競うことを禁じています。中小企業でやってはいけない

争いは、社員間の争いで、足の引っ張り合いをしない事が大切だと言っていました。

そればかりか価格路線で勝負しないさくら住宅は、職人への待遇も業界の中でも手厚く、

職人が給料に見合った仕事をすることで、客も満足し、みんなが幸せになれる仕組みが

できていたのです。まさに、お客と、会社とそこで働く人たち皆んなが幸せになれる

会社でした。

 

利益よりも顧客との信頼関係を優先する事は、会社の成長や存続を思えば簡単では

ありませんが、それだけに築かれてきた信頼関係は揺るぎない強さとなって会社を

支えていました。人を大切にできる素敵な会社でした。
 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

コーヒーにかける熱い想いがUCCを無敵状態へ

2016-6-22 NEW!

 

6月16日に放送されたカンブリア宮殿 、あのコーヒーのUCCが取り上げられて

いましたが、ご覧になられましたか?

 

セブンイレブンが始めた「コンビニコーヒー」がすっかり定着し、産地にこだわる

コーヒーを扱うカフェも様々に登場してきていますが、国内のコーヒー消費量は

3年連続で過去最高を更新中とのこと。

 

そんな日本のコーヒー文化を戦後から牽引し、コーヒー農家の発掘育成から、新しい

コーヒーの提案まで、一貫したコーヒー事業を展開しているUCC。私もカフェの

上島珈琲には、何度となくお世話になっておりますし、お家カフェでも、ドリップ

コーヒーでお世話になっております。

 

世界初の缶コーヒーを開発し、レギュラーコーヒーでは16年連続でシェアトップを

独走。一杯にかける「情熱」と、常識を覆す「イノベーション」で市場を切り開く

コーヒーのパイオニアとして知らない人はいないはず。

 

創業者はコーヒーの父と呼ばれる人物でしたが、1933年に小さな商店を立ち上げ、

1951年上島コーヒー株式会社を設立すると、まもなく缶コーヒーとの闘いが始まり

ます。銭湯や駅で売られるコーヒー牛乳のビンは返す物だという決まりから、

ある時、駅で飲みきらないうちに電車がやってきてしまい、飲み残しをしながらも

ビンをお店に返して電車に乗るという悔しい思いをしたとか。それこそが、あの

缶コーヒーの誕生につながったとの事。

 

瓶では何の問題もなかったコーヒーですが、缶では化学反応を起こしてしまって、

実際に世界初の缶コーヒーが登場したのは1969年。諦めないコーヒーへの思いが

実らせた大ヒット商品です。

『我々がやらずして誰がやるんだ』

『常に仕掛ける、次なる一杯』

黒生ビールの様な…『アイスブリュードコーヒー』

食べ物との相性を判断する『コーヒーマッチングシステム』で新たなる組み合わせの

開発を促進して売上につなげる等、コーヒーにかける思いの熱さが伝わるものでした。

 

司会の村上さんからの『 UCC は、缶コーヒーの優位性を失っても衰退しませんで

したが?』という質問に…

 

『当社はコーヒーへのリスペクトが最優先なので、缶コーヒーの先行開発と

大成功などで満足しないんです』

 

『扱う商品へのリスペクトが全てに優先する。そんな会社は強い。負けるはずがない』

村上さんは、まとめで、そう話されていました。ちなみに「リスペクト(respect)」は、

「尊敬し、敬意を表す」という意味ですかね。

 

いつもの社長の金言は、こうでした。

 

『収益』ではなく、『思い』のゴールに向けて走れ

 

 最後にものを言うのは、やはり人の『思い』なのですね。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

テプラの会社『キングジム』の開発会議

2016-6-16 NEW!

 

つい先日のがっちりマンデーをご覧になりましたか?事務の王様「キングジム」が

取り上げられていましたね。文具だけで売上げ330億円!名前は知らない…

という方でも、青いファイルや簡単に文字入りのシールが作れるテプラはご存知の

はずですよね。超ロングセラーとなる2つを支える、地道な開発の裏側も取り上げ

られていましたが、面白かったのは、独創的なヒット商品を生み出す「開発会議」

でした。

 

そんなキングジムの開発会議は3段階で構成されていました。

 

第一段階の会議 否定はせず違った角度からアイデアを出し合うことで、今一つの

アイデアでも、思わぬ商品に化けていくことがあります。反応が良かったアイデアの

細かい部分を考え第二段階の会議へ…。

 

第二段階の会議 商品開発部部長&開発本部長も参加してチェックしていきます。

商品が儲かるスキマを狙っているかどうかを判断していくのです。
 • スキマが大きいもの 大手が参入
 • スキマが小さいもの 商品が売れない
 • 後発でスキマを狙う 作っても儲からない
開発本部長はこう話されました。『これを売ったら次は何があるの?ちょっとした

アイデア品なんていくらでも思いつくじゃない。でもそれってビジネスとは

違うよね。』冷静に見つめ直せる良い問いかけでした。

 

第三段階の会議 選び抜かれたアイデアが最終ステージを迎えていきます。

役員と「営業」「経営」「物流」など各部門の責任者にラスボスの社長が出席。

第二段階よりも厳しい展開になるのかと思いきや笑顔に溢れ、和やかなムードで

話が進められていき、アッサリ提案の9割以上が承認されていくのです。それに

ついてキングジムの宮本社長は、こう話しておられました…。

 

『最後は連帯責任を負うための会議なんですよ』と、素敵なお言葉。

 

売れるかどうか疑問に思うような商品が多い。最後に役員全員一致で通した

事によって、仮に売れなくても担当者の責任に押し付けない。そのための会議。

スキマ狙いのキングジム商品は10個に1個売れても上々。例え売れなくても

連帯責任。だからこそ、失敗を恐れず斬新な発想で商品開発に取り組める。

何よりもこの皆んなで責任を負って1つにる、良いじゃないですか。
 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

銘酒誕生物語…七割五分の『七田』とワイン酵母の『三井の寿』

2016-6-15 NEW!

 

WOWOWで不定期に放送されている『銘酒誕生物語』という番組をご存知でしょうか。

洛中に唯一残る京都市の造り酒屋・佐々木酒造の次男として生まれたという俳優で

心地よい語り口調の佐々木蔵之介さんがナレーターを務めている番組です。

 

銘酒誕生に秘められたドラマを紹介する番組では、毎回物凄い日本酒が紹介されて

いますが、今回はシリーズ第10弾放送で扱われた『天山酒造』さんと『井上合名会社』さん

の事をご紹介したいと思います。この回は日本酒のベースとなる協会九号酵母という日本

独自の酵母誕生から話が始まりました。

 

まずは七田謙介さん(天山酒造)が作り上げた「七田(しちだ)」(佐賀)。お米をトコトン

磨き上げる吟醸や大吟醸ではなく、良いお米なら磨き過ぎず本来の旨味を活かした7割5分の

磨きで良いのではないかという発想から生まれたお酒。試行錯誤しながら苦しみ抜いて

誕生したお酒で、当然の事ながら、是非飲んで欲しい日本酒です。

 

一方、井上宰継さん(井上合名会社)が作り上げた「三井の寿(みいのことぶき)」(福岡)。

なんと協会九号酵母とワイン酵母を活用した独創的で全く新しい日本酒でした。新しい

酵母を作り上げようと研究する姿は酒蔵で働くイメージとは全く違う印象を受けました。

あのワイン酵母とブレンドするなんて大胆過ぎますが、これもまた是非飲んで欲しい

なんとなくお洒落な印象を与えてしまう日本酒でした。

 

番組では、七田さんが、人米酒プロジェクトという活動を行っている事や、呑兵衛の

事を左利きというのは『ノミの手…つまり工具のノミを左手で持つ事』から付けられた

などの雑学も紹介されて、1時間という時間を満喫でき、楽しめる構成となっています。

何度か再放送されているので、見られる方はチェックしておかれる事をお勧めします。
 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

良い物を創りあげるという信念あればこそ

2016-6-10 NEW!

 

6月6日放送の未来世紀ジパング。ドイツNo. 1家電メーカーのミーレという会社…

凄かったですね。代表者は4代目になるという同族経営者の2人で、株式会社では

ないからこそ、本当に自分たちの創りたいものを突き詰めて、デザインから

技術に至るまで納得出来るものに仕上げていく…。株主支配の多い中、貴重な

家電メーカーで、ものづくり日本家電の黄金時代を彷彿させられました。

 

看板商品は、ドラムと洗濯物の間に水が膜をつくり衣類を守る構造になっている

特許取得の洗濯機。ドイツの口コミサイトには、世界トップの洗濯機、

これで洗濯が楽しくなる、高価だけれど、その価値があると高い評価が並び、

ひとたびミーレの製品を使うと家中の家電をミーレの製品にしたくなってしまう

という完成度の高さ。

 

洗濯機の生産ラインでは、熟練工の手で洗濯機が作られていて、特許を持つ

ドラムのチェックには、ナイロン製のストッキングが使われていました。

非常に繊細な網目なので、少しでもドラムに突起があれば伝線して、問題を

すぐに発見できるというのです。

 

自社工場の中に溶鉱炉まで設け、部品製造から一貫で製造するミーレ式。

時代の流れに逆行しているコストのかかる製造法ですが、そうした環境下に

あるからこそ、細かい不具合や調整にもトコトン対応でき、本当に良いものを

創っていく事が出来るようです。

 

ミーレは、1899年に誕生したモノづくり企業。まだ手洗いだった時代に

投入した木製で手動の洗濯機には「常により良いものを」という社訓が

刻まれています。大企業になると崩壊していってしまうこうした信念を

持ち続けていく事、大切ですよね。

 

日本の家電メーカーも、基本に立ち返って頑張って欲しいものです。

技術もこだわりも負けるような日本ではないし・・・頑張れニッポン!
 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

TOPへ戻る