ティータイム

ブルー・スリー

2014-11-27 NEW!

 

そこそこ年齢のいった人には、憧れた方もいらっしゃるのでは?

今日は、そんなブルー・スリーが生まれた日だそうです。

 

TVシリーズ『グリーン・ホーネット』の準主役として主役を食ってしまうほどの格好良さ。

『燃えよ!カンフー』を企画したものの、東洋人であることなどを理由に叶いませんでしたが

この番組も、私は好きで見ていましたし、それが彼の企画であったことは知りませんでした。

 

映画はご存知のとおり『ドラゴン危機一発』・『ドラゴン怒りの鉄拳』

・『ドラゴンへの道』・『燃えよドラゴン』の4作品

 

32歳で亡くなってしまいますが、死後、彼が待望していた主演作

『燃えよドラゴン』がアメリカを皮切りに世界各地で公開され、ヒットしますが、

アクションスターとして世界的に知名度が上昇した時、

既に本人は亡くなっていたという何とも哀しい話…。

 

死後、『ドラゴン危機一発』などの過去の映画が世界中に配給されましたが…。

 あれは別物です。

 

私も、ヌンチャクを作って振り回したり、「決めのポーズ」等をマネしたものでした。

 

1966年にデビューしてから1973年に亡くなるまで、

テレビは1本、映画は1971年からの4本のみと惜しい限り

死後、未完成だった『死亡遊戯』が発表されはするものの

ファンとしては、もっともっと、新しいものが作り出せたのではないかと…

 

 

 

 

高倉 健

2014-11-20 NEW!

 

今月10日、尊敬している高倉健さんが亡くなっていたことを昨日知りました。

 

こんな男の人になりたいという憧れの存在でした。

 

大好きな作品は「遥かなる山の呼び声」という映画で

 

一般的には一番有名な「幸福の黄色いハンカチ」より後に作られながらも

 

内容では、それに繋がる物語に仕上がっています。

 

何度も見て涙した感動の作品です。

 

「駅」「夜叉」「八甲田山」・・・意外にも「ゴルゴ13」なんかもありましたね。

 

礼儀正しい人物として知られ、挨拶を忘れず、若い新人俳優やスタッフにも

 

必ず立ち上がり、大物俳優でありながらも、丁寧にお辞儀して敬意を払う素晴らしい方でした。

 

様々な番組で高倉さんの話が出ても、悪口を聞いた事は一度もなく、

 

その人間性は素晴らしく見本となるものでした。

 

沢山の映画を有難うございました。ご冥福をお祈りします。

 

 

42 〜世界を変えた男〜

2014-10-31 NEW!

 

今年契約したばかりのWOWOWで先日こんな映画を見ました。

『42 〜世界を変えた男〜』

久々に良い映画を見た感じで、感動し興奮している自分を体験しました。

 

物語はあのドジャースの当時のゼネラルマネージャーが、ニグロリーグで

プレーしていたアフリカ系アメリカ人のジャッキー・ロビンソンを見出し、

彼をチームに迎え入れる事を決めるところから始まります。

 

当時はまだ黒人差別が激しく、メジャーリーグも白人だけのものでしたから、

彼の入団は球団内外に大きな波紋を巻き起こしました。案の定、ロビンソンは

他球団はもとより、味方であるはずのチームメイトやファンからも差別を受けてしまい、

孤独な闘いを強いられます。差別をする人の醜さ、気持ちが変化していく心の豊かさ

応援する人、そして、何よりも激しく醜い言動に耐えながらも前へ進んでいく主人公。

黒人(アフリカ系アメリカ人)初のメジャーリーガーとなったジャッキー・ロビンソンを描いた作品です。

 

タイトルの「42」とはロビンソンが付けていた背番号で、現在アメリカの全ての野球チーム

(メジャーはもとより、マイナーリーグ、独立リーグ、アマチュア野球に至るまで)で永久欠番となっています。

 

アメリカとカナダでは公開から3日で、2730万ドル(約27億円)を売り上げて

初登場1位となり、野球映画史上最高のオープニング記録を打ち立てたそうです。

専用サイトはこちらです。

http://wwws.warnerbros.co.jp/42movie/

 

以前、何も知らずに見たニュースで、大リーグの選手たちが42番の背番号を背負って

野球をしている映像を見たことがありましたが、この人の為だったんですね。

一年に一度、4月15日。

その日、大リーグではグラウンドにいる全員が背番号「42」を つけてプレーします。

 

どのチームの、どの選手も。敵も、味方も、関係なく。

素敵なとりくみですよね。
 

 

 

TOPへ戻る