ティータイム

オリエンテーリング

2015-5-21 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

1961年の今日5月21日は、 国際オリエンテーリング連盟が設立された日です

 

オリエンテーリング? なんか、イメージ的には、ゆっくりポイントを通過していく

健康的な散歩・レクリエーションのように思っていたのですが、全然違うものでした

勿論、身体の不自由な人でも参加できる激しくないオリエンテーリングもあるのですが…

 

クロスカントリー走のイメージで捉えた方が実際には近く、トレイルランというスポーツも

ありますが…このスポーツは、ポイントをチェックして走るコースを自分で決めていく

というタイムトライアルで、まず地形図が読み取れないと話になりません・・・

 

競技前に渡されるのが地図とコンパスとコントロール位置説明…こんなものです

 

 

地図は起伏が分かるようになっていて、通過ポイントへの経路の選択しだいで

走るスピードも体力消耗も大きく違っていき、タイムトライアルに影響していくという

なかなか頭を使うスピード競技です

 

ユニフォームもシューズも機能性の高いものが多く、びっくりです

うちの息子が大学でこのオリエンテーリング部に入ったのですが

なかなかハードで苦戦しているようです・・・本当に・・・

興味を持たれた方は、トライしてみてはいかがですか???

 

私は・・・足腰ボロボロなんで遠慮しておきますが・・・

 

(※画像はWikipediaより転載させていただきました) 

 

HBの鉛筆

2015-5-20 NEW!
カテゴリ:テレビ番組から

 

毎週木曜日の 22:55 - 23:20の時間帯で放送されている『所さん!大変ですよ』という

NHKの番組を御存知でしょうか? 先週14日には 「世にも不思議な“えんぴつ物語”」と題して、

子どもたちが最近、“ある種類の鉛筆”をほとんど使わないといううわさを追う話が扱われました

 

毎週録画して楽しく見させていただいていますが今回は…

 

東京・銀座の文房具店では多くの種類の鉛筆が売られていますが、ほとんどが濃い鉛筆で

HBは全体の300分の1でした。HBの鉛筆の需要が減っていることに関して調査すると、

原因は子ども達の筆圧であり、実際に筆圧が弱く何を書いているか分からない子ども達が

近年増えているために、小学校の低学年では2Bを推奨し、子供の字が薄いことから

高学年になっても親が濃い鉛筆を買い与え、今では10Bの鉛筆も売られるようになっているとか…

 

子ども達の筆圧が弱くなった背景について宮崎大学の帖佐悦男教授は

字を書くのに必要な腕のバランスが使えなくなってい.るためだと語られていました

澤口俊之は力を出すことは思考力につながるので、濃い鉛筆を使っていると

思考力の低下につながると指摘 また、日本の企業は消費者に親切すぎると

そんなコメントも出ていました…深い言葉ですねぇ・・・

 

ボーイスカウトなどをしている活発な少年が、手首の機能が働かないことで

瓶の蓋をうまく開けることが出来ない例もあげられ・・・実は同じ様な子どもたちの数は増えており

検査の結果、10人に1人の割合で運動器の働きに問題が見つかったそうです

教授は「早いうちに、どんどん老化をしている。」と指摘し、しゃがみ込みなどが出来ない状態を

放置することでロコモティブ・シンドロームという運動器の障害に陥ってしまうとまで話されていました

 

運動器に障害を持つ子ども達が増えていることに関して、文部科学省は来年から運動器の

チェックを行うことを決定したとも紹介していましたが、何か足りない気もします…

 

ロコモティブシンドロームとは、身体を動かすのに必要な器官に障害が起こり

自分で移動する能力が低下して要介護になる危険度が高い諸症状のことを言うそうですが

近い将来・・・親が子供を介護する時代がやってくるのではないかとまで…

 

この番組、すぐに終わってしまうのですが、もっと掘り下げたいところをあっさり扱い

問題提起して終わっている気もします・・・考えて動くのは私たちの責任であるかのように…

 

 

 

 

イーグル•アイ

2015-5-19 NEW!
カテゴリ:映画・ドラマ

 

先日イーグル•アイというSFサスペンス映画を見ました

スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮による2008年公開作品です

 

ある日、平凡な毎日を送る主人公の携帯に、知らない女から電話がかかってきます

「今すぐ逃げろ」という女の警告を無視した主人公はその直後

身に覚えのないテロ工作の容疑でFBIに拘束されてしまいます

 

しかし取調べ中に、その謎の女の差し金による事故が発生し

大破したFBIのビルから、不本意ながら主人公は逃走することになってしまいます

 

携帯から的確に逃走経路を指示してくる女に命ぜられるままに…

どこかから監視し、信号を含めた交通網をも操って

逐次指示を送ってくる女に逆らうこともできず…

 

スピルバーグさんの作品だけあって全体通して素晴らしいできでした

現代のネットワーク情報管理網を悪用した?恐ろしいお話でしたが

起こりそうな設定にしてあったので冷めることもなく見終えられました

 

最近は無駄なシーンや話の流れとして不自然な展開があったりすると

30分も経たないうちに見るのを止めてしまうので、今回は完走した感じです

 

それほど新しい映画ではありませんが、まだ、ご覧になっていない方は

時間のある時にでもご覧ください

 

 

PENTATONIX

2015-5-18 NEW!
カテゴリ:音楽・アート

 

PENTATONIXという驚きのアカペラグループを御存知でしょうか?

高校時代にビヨンセの「テレフォン」をカバーした

ア・カペラ・ビデオがYouTubeで30万回再生されるなどネット上で人気を得

その後、アヴィとケヴィンの二人が加わって5人でのペンタトニックスを結成

 

2011年、NBCのア・カペラ・オーディション番組「The Sing Off」で優勝

2013年末にリリースされたア・カペラ・カバー

「Daft Punk」(「ワン・モア・タイム」などを含んだメドレー)はYouTubeで8400万回再生を記録

 

…ということで、まずは1曲ご紹介

 これが全てアカペラというから驚きの完成度です

 

日本でアカペラといえばゴスペラーズが浮かんでしまう私ですが

全く違う衝撃を受けたものです…続いては有名なこの曲で…

 

どうですか? ユーチューブから誕生したと言っても良いくらいの新生代グループは?

 

お薦めの曲は沢山あるのですが、もう1曲だけ美しいコーラスに鳥肌の立つこの曲を…

 

とてもアカペラとは思えないボイスパーカッションが活かされた冒頭の曲から

チームワークの素晴らしさに見とれてしまう最後の曲まで圧巻です

是非他にも聞いて戴きたい曲がありますので機会があればどうぞ…そして

 

 ちょっと娘や息子に知っているか?と自慢げに聞いてみては如何ですか? 

 

 

 

 

マグリット展

2015-5-15 NEW!
カテゴリ:音楽・アート

 

1990年の今日5月15日 大昭和製紙名誉会長・齊藤了英さんが

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『ガシェ博士の肖像』を

絵画史上最高のなんと約125億円で落札した恐ろしい記念日…

 

なんとなく日本人に絵画って合わない気もしますが意外に人気のようで

先日、私の好きなマグリット展に行って来ましたが

同時にルーヴル美術館展も開催していて大変な混みようでした

 

そもそもマグリットはダリやキリコとともにシュルレアリスムの巨匠ではあるものの

シュルレアリスム自体それほど知られているわけではないので

さほど混雑していないだろうというのが甘かった・・・

 

尚且つルーヴル美術館展と同時開催だったために

国立新美術館は大混雑…チケットの購入もさることながら

大行列で入場制限がかかるほど…

 

マグリット展は、それ程混んでもいませんでしたが

現代のポスター広告に大きな影響を与えているだけあって

お土産コーナーは大混雑…意外な来館者の多さで

好きな絵も適切な距離からゆっくり見ることができませんでした

 

パンダ初来日じゃないけれど、日本人って行列すきなんですかねぇ…

分かって見に来ている方がどれほどいるのか…なんて思ったりして…

大きな絵画でも作品から1メートルぐらいの距離で列を成して進まれると

離れては人影で見えず、列に入れば近すぎて全体が見えず…

 

思うに…はなから『これぐらいの距離から…』と分かるように

ガイドラインを引いてしまったら良いのかもしれませんね…

ただし、そんな事をされると専門家にとっては

近づいて技法を探ることができないので困るのも確かなんですが…

 

ちなみにこの『マグリット展』は、6月29日(月)まで

『ルーヴル美術館展』は、6月1日(月)まで

それぞれ国立新美術館にて行われております

 

どちらも、かつてないほどの作品数を集めていますので

混雑して見難くても見に行く価値はありますかねぇ…

 

 

 

 

千代の富士と大鵬

2015-5-14 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

今日5月14日は第58代横綱だった千代の富士が引退した日

なんとこの日は第48代横綱だった大鵬の引退した日でもあるようです

 

千代の富士の引退といえば・・・

『気力・体力の限界』というセリフから、小さな身体で背負ってきた

大きな角界という世界を感じさせてくれた気がしたものです

 

小さな身体でありながらも、大きな力士を振り回し勝っていく

筋骨隆々でウルフという名前からファンも多かった気がします

 

もう、千代の富士のような力士は出てこないかも知れませんねぇ…

 

 

メイストームデー

2015-5-13 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

今日はメイストームデー…5月の嵐??…そう言えば昨日は凄かった…

…ではなくて、こんな日があるんですね

 

「バレンタインデー」から88日目…「八十八夜の別れ霜」ということで

別れ話を切り出すのに最適とされる日とのこと…

5月病とダブルパンチなんて事もあるのですかねぇ

 

ちなみに1年の関連記念日?は・・・

•聖バレンタインデー <2月14日>
•ホワイトデー <3月14日>
•オレンジデー <4月14日>

 

そして今日のメイストームデー

 

これを乗り切れば晴れて?

 

•恋人の日 <6月12日>を迎えられるのだとか・・・
 

•サマーバレンタイン <7月7日>
•セプテンバーバレンタイン・メンズバレンタイン <9月14日>
•恋人達の日(くつしたの日) <11月11日>
•ダズンローズデー <12月12日>
•遠距離恋愛の日 <12月21日>

 

いろんな日があるものです・・・

 

 

アセロラ…アサイー…

2015-5-12 NEW!
カテゴリ:健康と食品

 

今日、5月12日はアセロラの日だそうです

アセロラの初収穫の時期であることから、産地である沖縄県本部町が

1999(平成11)年に、「アセロラの日」と制定したそうで、イベントなども行われるようです

 

1958年に沖縄県にアセロラが導入されて以降、同県で栽培され、

今ではアセロラドリンクやアセロラ入りヨーグルトなど一般に普及していますよね

 

で、全然関係ないのですが『ア』つながりで『アサイー』って御存知ですよね?

最初に聞いたときは「『アサイー』って、また適当な名前をつけたもんだ」と

『朝良い』にかけたもんだとばかり…大きな勘違いをしていた私…

 

ブラジル・アマゾンが原産のヤシ科の植物で、果実の外見はブルーベリーに似ています

アマゾンの先住民が生き抜くために食用としてきた希少な果実

実は非常に栄養価が高いスーパーフルーツのようで

アサイー果実100g中に含まれるポリフェノールは約4.5gと

ココアの約4.5倍、ブルーベリーの約18倍と言われています

他にも、鉄分はレバーの3倍で、食物繊維、カルシウムなども豊富とか

 

朝だけじゃなくて、いつでも良いじゃあないですか(^ ^;)

アセロラのように…色々と一般的な食材に活かされて普及していくと良いですね

 

 

 

 

 

 

寄生獣

2015-5-11 NEW!
カテゴリ:映画・ドラマ

 

岩明均さんによる日本の漫画を基に作られた映画で、今は完結編が公開中ですね

そんな寄生獣を今更…それも1作目を先日見させていただきました

 

家内が、こういった類が苦手なものでなかなか見られないのですが

予想通り・・・やはり面白かったですね

 

・・・というか、昔の映画で『ヒドゥン』という物がありましたが

正直、そっくりの設定で、面白くない訳がないと言った感じでした

 

『ヒドゥン』を知らないという方は、ついでに見られてはいかがでしょうか?

1987年にアメリカで公開された映画で、第16回アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭

現ジェラルメ国際ファンタスティカ映画祭のグランプリ受賞作品です

 

あらすじを話してしまいたいところですが、見てみようかと思われた方の為に

触れるのは止めておきますね。寄生獣のようなグロいシーンは殆どないので

こちらの方が見やすいかもしれません

 

ただ、本題の寄生獣…話題になっているだけのことはあって

面白かったので、家内の隙を狙って、完結編も是非見たいと思っています

 

いつのことになるだろうかぁ・・・

 

 

 

 

レインマン

2015-5-8 NEW!
カテゴリ:映画・ドラマ

 

今更ですが、レインマンを見てしまいました

3度目になるでしょうか…

でも、2度目までとは、全く違う形で見ることができました

 

それは私の甥っ子が自閉症から統合失調症になったことで

外からではなく、中からの見方ができたという点です…

 

気に入った映画は、何度でも見てしまうたちですが

3度目は特別でした…

 

映画って…良いものは、やっぱり良いですねぇ…

映画自体でなく、見る側の状況や環境によっても

その見え方が変わっていくのですから… 

 

 

 

TOPへ戻る