ティータイム

“時代の変化”の中に新たなチャンスがある・・・

2017-3-29 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

3月23日放送のカンブリア宮殿『日本の食卓を変える窯元!主婦殺到の"便利土鍋"の秘密』

御覧になられましたか?主婦の間で噂になっている75万台を売った大人気の炊飯土鍋

「かまどさん」という魔法の土鍋。実は、この土鍋15分間中火で加熱し、火を止めて20分

蒸らすだけで、釜戸を使って「はじめ、ちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子が泣いても、蓋

とるな」で炊いたような、ふっくらとした、美味しいご飯が再現できる優れもの。そんな

土鍋を生み出したのが、三重県伊賀市にある180年以上の歴史を持つ伊賀焼の窯元・長谷園。

古くは、千利休が使用する茶器などを手掛けていましたが、その後、清水焼や信楽焼などの

有名焼き物の下請けに甘んじていたらしいのです。

 

長谷園に大きな転機が訪れたのは、6代目彰三さんの時のこと。彰三さんは、伊賀焼に使う土を

徹底的に研究し、建築用のタイル製造に事業を拡げたのです。7代目は、会社を焼き物の

下請けとタイル事業で存続させていくつもりでしたが、1995年の阪神淡路大震災が起こって

しまいます。この地震の報道で、タイルが崩れる映像が繰り返し放送され「タイルは、重くて

地震に弱い」というイメージが広がり、売り上げの7割を占めた建材用タイルに、キャンセルが

相次いたのです。年間の売上高が6億円程度の時に18億円の借金…そんな中で長谷園は

起死回生の勝負に打って出たのです。

 

そんな『いがもの』と言われる焼き物をつくる窯元が、これまで世の中に無かった“機能性

陶器”など200種類を生み出すようになりました。例えば、煙が出ず、食卓で薫製を楽しめる

土鍋「いぶしぎん」や、蒸し料理が簡単に作れる「ヘルシー蒸し鍋」。IHで使える土鍋や

ピザ用鍋、カレー鍋、吸水性を活かした1人用電子レンジご飯鍋「とうちん」まで…しかも、

その全てが、家庭料理のおいしさがアップする魔法のような土鍋なのです。

 

食卓の常識を打ち破る凄い土鍋を次々と開発したのが、伊賀焼き最大の窯元・長谷園

7代目 長谷優磁さん77歳。『民芸品は毎日進化していると思わなければダメだ』と語る

優磁さんは、伊賀の土が、保温性に富んでいる事を活かして特許を取り続け、今も開発に

没頭する現役なのです。

 

世の中にない商品でヒットを連発してきた長谷園。それを可能にさせたのが優磁さんの

「作り手は真の使い手であれ」という、ものづくりのポリシーにあります。常に客の立場に

立ってニーズをつかむことで、思わず買いたくなる新商品を生んできたのです。

 

いつもの社長の金言は…

  “時代の変化”の中に新たなチャンスがある

 

村上龍の編集後記では、『重要なのは「できるだろうか」という問いではない。「やる

だろうか」だ。寝ても覚めても考え続けることで、「完成」のイメージが生まれる。』

そんな事が書かれていましたが、寝ても覚めても考え続け、いつアイデアが生まれても

逃さないように、あちらこちらにメモを置いていると語られた優磁さん77歳。実に生き生きと

されていました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

「ピンチはチャンス 失敗からの逆転人生」

2017-3-28 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

3月12日から全3回にわたって放送された『私の履歴書』似鳥昭雄(ニトリホールディングス

会長)「ピンチはチャンス 失敗からの逆転人生」御覧になられましたか?

 

「お値段以上、ニトリ」のCMでお馴染みの「株式会社ニトリ」は、家具・インテリア・

生活雑貨の販売店として、国内386店舗、台湾24店舗、アメリカ5店舗、中国8店舗を展開。

年間売り上げ5,000億円、30期連続増収増益の快進撃を見せています。そんな巨大企業を

一代で築いたのが似鳥会長。

 

自分の名を漢字で書けず、極度のあがり症で落ちこぼれだった小学校時代からスタートし、

父の助言で23歳の若さで「似鳥家具店」をオープン。失敗を恐れず新しいことに挑戦し続け

た似鳥は、妻の存在もあり、攻めの姿勢で国内はもとより海外にも積極的に進出し成功を

収めています。

 

高校時代に父に言われた「人のやらないことをやれ」という言葉を胸に、周辺に家具屋が

なかったことから家具の販売を決意。倒産寸前の父の会社の建物を借り、1967年に「似鳥

家具店」をオープンさせます。店名の後に〇〇支店のような表記を行って、1店舗しかない

小さな家具店ではないように見せたのは有名なお話。

 

初めての店をオープンさせると、売上が全く伸びず、お金に困り栄養失調寸前になると、

接客上手の妻と結婚し、創業2年で1,000万円の売上。近くに大型家具店が出店し経営危機に

陥ると、アメリカ家具店の視察ツアーでインテリアに活路を見出し、洋式のトータルコー

ディネートを行うようになって復活。日本初のエアドーム建築の「南郷店」が悪天候で被害を

受けると、半額大セールで売りさばいて窮地を脱出。ピンチを次々と乗り越えていきます。

 

そんな中、経営コンサルタント・渥美俊一と出会い、チェーンストア経営の理論やノウハウを

勉強し始めます。この渥美俊一のペガサスクラブには錚々たるメンバーがいますので興味が

おありの方はこちらで…

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A5%E7%BE%8E%E4%BF%8A%E4%B8%80

この勉強会は相当有効だったのでしょうか、当時店舗数7店、売上高30億円だった会社を

『100店1,000億円』とする目標を掲げて経営に挑んでいくのです。1993年、満を持して

本州1号店をオープンさせますが、メインバンクの北海道拓殖銀行と山一證券が破綻し、

社債を引き受けてもらっていたスイスの銀行から50億円の返済を迫られますが、またしても

住友信託銀行から融資の取りつけに成功し、危機を乗り越えていきます。あと2時間遅ければ

そこで終わっていたとか…。

 

2002年、東証1部に上場。2003年、目標に掲げていた100店舗を達成し、海外へ進出。

2007年、台湾に海外1号店をオープン。更なる海外進出を図るものの、またしても2008年の

リーマンショックで窮地に立たされます。ところが、これをチャンスと取り原点に戻って

値下げを宣言…1,000品目以上を値下げし、経営の危機を見事吹き飛ばしていくのです…

凄い事です。風貌こそどこにでもいそうな人の良いオジサンなのですが、がっちりマンデー

では、日経平均株価予想で3年連続ニアピンを獲得する切れ者。

 

番組の中で印象に残った言葉は…

●企業のトップは、こっちに行くんだというブレないメッセージを出さなければ
●世の為人の為、志がなければ、売上、利益だけでは成功しない
●2つの肝心な事…①表情が暗いとダメ②リスクに飛び出そうとする積極性
●考えても失敗が怖くて一歩を踏み出せない。成功する人としない人の差は、踏み出す

  勇気があるかどうかだ

 

自社生産にとことん拘って安く作るだけでなく、10年20年と長く使える強い耐久性も

求めているニトリの商品。番組の中では、実際に家具を苛め抜いて耐久性を確認している

映像も見られました。この辺が新聞とは違う所ですね。安かろう悪かろうというのが、

良く言われる話ですが、ニトリに関しては、選択肢には入れるべきだなぁと、改めて思った

のでありました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

『全部が自分』

2017-3-27 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

『全部が自分』

 

自分の意見を声に出せない
無駄な事に悩んでしまう
他の人を妬んでしまう
直ぐに苛つく
周りのせいにして怒る
見えない振りをする意地悪さ

 

単純に奮い立ってしまう
簡単に泣けてしまう涙もろさ
つい手を差し伸べる優しさ
心配させまいとする強さ、思いやり

 

笑える自分
笑えない自分
笑いたくない自分

 

こんなの自分じゃないと思う自分も
本当の私はこうなんだという自分も
みんな、本当は…全部が自分

 

それが分かれば、他人が他人に見えなくなって来る
それが分かれば、自分にも、もっと優しくなれる
それが分かれば、思いやりも、溢れるように湧き出るはず

 

全部が自分

 

全てを受け入れる事で

次のステージは、もっと理想の自分に近づけるはず…

 

                詩集『道しるべ』より 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

『ほぼ日』って、ご存知ですか?

2017-3-23 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

『ほぼ日』(ほぼにち)って、ご存知ですか?

ジャスダック市場に3月16日、新規上場した『ほぼ日』は買い気配で始まりました。同日

午前は公開価格2,350円を7割上回る4,020円まで気配値が上昇。午後も2時すぎ時点で

気配値の上限である5,410円まで切り上げ、公開価格の2倍以上の水準となってしまいました。

私がその事を知ったのは、夜のワールドビジネスサテライトでの事。結局、初日は買い

殺到で値つかずとなり、翌日に公開価格2,350円の2.3倍となる5,360円で初値をつけました。

 

『ほぼ日』は、コピーライターとして一世を風靡した糸井重里さんが立ち上げた個人事務所が

前身です。「東京糸井重里事務所」という社名でしたが、昨年12月1日「株式会社 ほぼ日」

と社名を変更しています。ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の運営や、サイト読者の

声を基に開発した「ほぼ日手帳」など、生活関連商品の販売を手掛けている会社です。

 

社名変更に至った経緯は同社のサイト、糸井重里氏のコメントをお読み下さい。

こちら➡ http://www.1101.com/20161201/ 

ついでに、2月1日にできたばかりのロゴマークが

こちら➡ https://www.1101.com/logo_mark/2017-02-01.html

 

この『ほぼ日』、経営戦略の大家であるハーバード・ビジネス・スクールのマイケル・

ポーター教授にちなんで、独自性のある優れた戦略を実行する企業に対して贈られる

『ポーター賞』を2012年度に受賞するなど、超優良企業としても「折り紙付き」なのです。

 

事業概要を見てみると、『ほぼ日』の2016年8月期の売上高は38億円、経常利益は5億円と

なっています。売り上げのうち、ほぼ日手帳は26億円を占め、全体の7割近くにまで達して

います。また、販路別で見ると直販が24億円で6割を超えており、『ほぼ日刊イトイ新聞』

という主軸が、いかに強いものかがよく分かります。

 

上場で調達した資金は既存事業を強化するための人件費に充てるほか、新事業の投資などに

振り向けるそうです。上場会社として、株主に振り回される事なく、尚且つ株主を満足させ、

これまで築いてきた『ほぼ日』をどのように展開していくのか、今後も目が離せそうに

ありませんね。楽しみです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

夢の画像解析を実現するエルピクセル

2017-3-22 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

3月5日の未来アイズ『エルピクセル(株)』の回ご覧になられましたか?めまぐるしい

勢いでデータが増加しているビッグデータ時代。医療の現場を例に挙げれば、CTやMRIの

画像データ量は10年前に比べ100倍もの勢いで増え続けているといいます。

 

今回の主役は、2014年3月に東京大学の研究室のメンバー3名でスタートしたLPixel(エル

ピクセル株式会社)。2000年の研究室の発足当時から生物学全般における画像解析技術を

牽引してきたそうで、ライフサイエンス領域の知識と、イメージングの技術の双方の領域に

精通している研究者集団とのこと。

 

ImPACT(内閣府)、CREST(JST)、戦略的基盤技術高度化支援事業(経済産業省)など3つの

国家プロジェクトに参画しており、自社開発テーマとして医療画像診断支援システム、

ライフサイエンス研究者向けクラウド型画像解析プラットフォーム「IMACEL」の開発

などを行なっているそうです。

 

画像解析という側面から解決すべく立ち上がった、東大発ベンチャーのエルピクセルでは、

研究のワンストップ・コンサルテーション、人工知能(AI)の画像解析によるガンの検出、

研究者に対する画像処理教育など、研究・臨床の現場の効率化に資する取り組みを行って

います。

 

中でもAIによる画像解析技術は、画像処理のスキルを持たない研究者でも画像の扱いを容易

にし、論文執筆を含めた研究活動に集中する環境を整えられるものになっています。さらに、

医療の現場では画像分類をAIに任せることで、医師と患者とのコミュニケーションを円滑に

することを狙っています。

 

そんなエルピクセルは、番組放送の2日前、3月3日、経済産業省主催「ジャパン・ヘルス

ケアビジネスコンテスト2017」で「優秀賞」を受賞されたそうです。昨今の科学技術の

進歩によって得られるようになったビッグデータに対して、それを分析し処理するスピード

が追い付いていない部分が大きく、それをサポートする夢の画像解析によって単純作業

から解放してくれるだけでなく、新薬の開発スピードも早めようとしています。

 

医療、製薬、農業などのライフサイエンス分野で「科学を加速させるAI」として、なくては

ならないものになっていくでしょうし、番組の中でも触れられていましたが、大隅先生が

言われたという『分子の内側から治療する』ということが現実のものになっていくのかも

しれませんね…。凄い事ですよね・・・本当に。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

セルロースナノファイバー??

2017-3-21 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

先日、朝日新聞に『木材生まれの夢の素材…強度は鋼鉄の5倍』そんなセルロースナノファ

イバーに関する記事が掲載されていました。これは、パルプなどの加工処理に用いられる

セルロース繊維をナノメートルサイズまで微細化して再生成したもので、天然素材から採取

できる超微細な繊維状物質。

 

セルロースナノファイバーは、植物細胞壁を解きほぐし、その構成要素の繊維を取り出して

作られるそうで、繊維の太さは十数ナノメートル単位の微細さで、従来のパルプ繊維の1,000

分の1という細さとの事。従来の製紙原料(パルプ)と変わらなず、作られた紙は、通常の

紙と同じく、折りたたむ事が出来、燃やせ、軽い、といった性質を持っています。ただし、

その繊維の細さが可視光線の波長よりも格段に細かく、光の散乱をあまり生じさせないため、

透明素材にすることが可能なんだそうです。

 

また、セルロースナノファイバーは鉄鋼材料に並ぶ強靭さを持ち、石英に並ぶ熱膨張率の

低さを持つとの事。植物由来の繊維であるため鉱物よりもはるかに軽くなります。セル

ロースナノファイバーを補強材料に用いることで、素材の性能を格段に引き上げることが

できる分野が少なくないという事で、様々な可能性を秘めているようです。

 

鉄鋼材料に使用すれば、強度を保ちつつ格段の軽量化が実現でき、透明樹脂に混ぜ込めば、

透明さを失わずに、強度の向上や柔軟性の向上、熱による変化の低減といった性質を追加

することができます。自然由来の素材から得られる点で環境負荷も比較的少ないという事で、

正に木材生まれの夢の素材!! どんな形で活かされていくのか楽しみですねぇ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

「胸一杯に」

2017-3-17 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

『胸一杯に』

 

私は 少年時から十年間

病気でねた

暗い思いの或る日

母をなじった

・・・・・・なぜ生んだ

母は泣いた


おまえも いつか

それを口にする時があるかも知れぬ

私は頭をたれて受けよう

そうなのだ

しかし


私が いちばん大切にしている言葉をやろう

・・・・・・人間必ずいつか死ぬ

そして二度とこうして生きることはない

だったら

生きてある今を

しっかりと両の掌(て)のひらの中に

包み込みたくならないか

一枚の落ち葉の重み

耳たぶを過ぎる風のささやき

生垣の破れをくぐる黒いむく犬

やさしさ なつかしさを感じないか

生きてある今を

胸一杯に深呼吸したいと思わないか

 

 横山隆「はこべらのうた・・・わが子への書きおき」より
 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

人間、地球及び繁栄のための『SDGs』って?

2017-3-16 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

先日、ワールドビジネスサテライトで『SDGs』という言葉を耳にしました。恥ずかしな

がら私はニュースで知るまで全く耳にもしたことがありませんでした。ご存知でしたか?

 

開発アジェンダの節目の年、2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、

「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その

成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が

採択されました。

 

アジェンダは、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、宣言および目標を掲げました。

この目標が、2015年に期限切れとなったミレニアム開発目標(MDGs)の後継であり、17の

目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」という訳です。お分かり

いただけましたか。

 

ちなみに、国際協力NGOの民間非営利団体「動く→動かす」という団体がありますが、この

団体は、2009 年に発足した国際協力 NGOのネットワークです。現在78団体が加盟,

ミレニアム開発目標(MDGs)と持続可能な開発目標(SDGs)の達成、貧困のない世界、全ての

人々が尊厳を持って生きられる世界の実現のために活動しているそうですが、そのサイトに

『SDGs』のロゴマークとして以下の様な物が紹介されています。

 


また、同団体のホームページには、以下の様に書かれていました。

 『関わっている/取り組んでいる活動と結びつく目標のロゴをHPに掲載してください。

 

*ロゴを掲載することのメリット
1)国連が定めた目標に取り組んでいることを見える化できます。
2)どんな活動をしているのか一目でわかります。
3)それぞれの企業や団体とパートナーシップを組む上で、よりスピーディに話を進めることができます。』

 

詳しくはこちら・・・『動く→動かす』サイトのチラシにて
http://www.ugokuugokasu.jp/pdf/ugoku_flyer2015.pdf

 

ちなみにワールドビジネスサテライトでは、スターバックスが取り上げられていましたが、

とても印象の良いものでした。皆さんの中でも、直接関わる取り組みの出来る企業であれば、

積極的にこのマークを掲載されてはいかがでしょうか?また、弊社の様に直接かかわるものが

なかったとしても、このような活動を広げることはできますので、積極的にご紹介お願いし

ます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

あえて逆方向で成功する?

2017-3-14 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

ガイアの夜明け2月28日放送の『外食の“新勢力”あらわる』ご覧になられましたか?

 

東京・千代田区のオフィス街のビルの地下に一際賑わう食堂「未来食堂」。お客が席に着く

やいなや、注文もしていないのに目の前に料理が並ぶ。この店のメニューは1種類、900円の

日替わり定食のみ。メニューを1種類に絞ることでオーダーを聞く手間もなく、仕込みも

楽になり食材ロスもなくなるというのです。

 

お客にとってはメニュー選びに時間もかからず、素早く食事ができるメリットがあります。

更に未来食堂の人気の秘密がもうひとつ。それは「50分働けば一食タダ!」という “まか

ない”システム。

 

働くには予約が必要ですが、働くことを想定して食べに行けば食費はかからないし、お店に

とっても忙しい時間だけ人の補充をする事ができるから、人件費も安くなるというWinWinの

関係。飲食業界の常識を覆す仕組みで、未来食堂は小さいながらも月平均100万円を売り上げ

ているとのこと。

 

2つ目は東京・文京区小石川。住宅や町工場が立ち並ぶ一角に人気のイタリアンレストラン

「青いナポリ」。このお店、飲食店をやるには通行量が極めて少ない場所にあるにもかか

わらず客がいっぱい。実はここ、もとは古びた印刷工場。

 

そんなとても飲食店には向かないと思われる物件を魅力的に改装し、悪い立地にもかかわ

らず年間9万人をも集客しているとのこと。「バッドロケーションは、僕たちにとって最高

の物件」そう語る社長の佐藤さん。“3等4等立地”と言われ、他の外食企業が見向きもしない

場所であっても、実は閑静な町並みや緑に囲まれた環境などに恵まれた物件であれば、集客

出来る秘策があるというのです。

 

番組では入れ替わりの激しい物件に出店するところも取り上げていましたが、入って来ても

すぐに閉店の続くような店舗は、普通ならマイナス思考になって入る気にはなれないもの

ですが、そんな事を全く気にせず、ターゲットを地元に落とし込むことで成功に結びつけて

いました。2年後3年後の様子も見てみたい気がしました。

 

そして3つ目は、名古屋市内のはずれ、幹線道路沿いに「昭和食堂」という居酒屋さん。

家族連れのお客が会計を済ませ店を出ると、何やら店名のロゴがラッピングされたワゴン車に

乗り込んでいきます。

 

実はこれ「送迎サービス」。予約をすれば団体客の宴会には、マイクロバスで指定の場所に

送迎してくれるというのです。昭和食堂は、約40台もの自前の送迎車を擁し、急成長を

続けているそうです。本当にこれで採算が取れているのかと思ってしまいますが、団体客を

呼ぶことで成立しているのでしょうか…。

 

あえて通常の考えの逆を行って成功を収める。そこには、分かっていても他にはマネのでき

ない神対応が沢山埋もれているのでしょうね。一度、どんなものか覗いてみたいと思ったの

でありました。特に昭和食堂さん…居酒屋だけに気になるところです・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

幸せの総量を増やす

2017-3-13 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

3月2日のカンブリア宮殿『地方から奇跡のビジネス革命を起こした女性社長SP』ご覧に

なられましたか? 録画設定しながらテレビが不調で、後半しか録画出来なかった私ですが…

 

そんな後半に登場したのが、宮城県気仙沼市に移住して来た女性社長の御手洗さん。先週

土曜日で、東日本大震災からちょうど6年が経ちますが、未だ復興途上にある事は殆どの

方々がご存知のはず。

 

そんな気仙沼に全国でも珍しい手編みニットの会社「気仙沼ニッティング」という会社が

あるそうです。スタッフ2人の小さな会社ですが、60人の地域のお母さんたちが編み手

として活躍。

 

看板商品のカーディガンは完全オーダーメイドで、15万円とかなり高額な設定になって

いますが、200人待ちという人気だそうです。この会社は5年前、御手洗さんが気仙沼に

乗り込み、まったくのゼロから立ち上げた会社。

 

御手洗さんは民主化直後のブータンで、首相のもと産業育成に携わっていたそうです。

震災を機に帰国し、短期的でその後に繋がらない支援ではなくて、被災地で人々が誇りを

もって働ける中長期的な事業の必要性を感じたそうです。

 

「何もない状態でも、編み物なら、針と毛糸さえあれば始められる―」。チクチクしない

オリジナルの毛糸やデザインにこだわり、素人同然の編み手も“一流”に育てあげています。

「被災地だから」という背景に依存せず、真に喜ばれる商品で100年続く事業を目指した

のです。

 

そして今、小さな地方の町で、地域の人々の力を掘り起し、大きなインパクトを与える

ビジネスの形に、世界から注目が集まっています。ビジネスの潮流は、「世界を良い方向に

導くもの」に舵を切っています。

 

『働く人も買う人も幸せでなければならない』…そう語っていた御手洗さんですが、

当たり前の事でありながら、なかなか出来ていないのが現実。

 

社長の金言は

 『幸せの総量を増やす会社』でした。

 

1着15万円と高額ながらも、購入者と製作者が出来上がるまでの間、手紙のやり取りを行い、

出来上がる頃には心で繋がるまでの関係になれる。…そんな思いのある1着なら、決して、

高くはないのかもしれませんね。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

TOPへ戻る