ティータイム

美文字の中塚さん、情熱大陸で・・・

2017-2-3 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

先月1月15日放送の情熱大陸 「書家 中塚 翠濤(すいとう)」 ご覧になられましたか?

確かテレビで美文字ブームを起こされた方ではないかと思うのですが、綺麗で明るい

印象の素敵な女性です。

 

『文字として読めなくても構わない。文字にはいろんな感情があるので、見る人が

自由に解釈して楽しんでくれれば良い。』と語る中塚さんの書は、もはやアートの様に

表現豊かなものとなっています。

 

そんな事もあってか、Societe Nationale des Beaux-Arts2016サロンに招待作家として

選出されることになりました。これは1648年に設立された王立絵画彫刻アカデミーの

流れをくみ、パリ万国博覧会を機にロダンらが現在に繋がる礎を築いているという

非常に歴史あるフランス国民美術協会で、番組では、その取り組みを密着取材していました。

 

1893年洋画家の黒田清輝氏が日本人として初入選したほか、歴代会員にはマティス、

藤田嗣治、横山大観など、有名な画家が名を連ねています。また、フランス歴代

大統領が後援する唯一のサロンでもあります。その会場となる場所は、パリ・ルーヴル

美術館の地下300平米を超える巨大空間。

 

そして、驚くことに、書家の中塚翠涛が、フランス・パリ、ルーブル美術館地下会場

カルーゼル・ドゥ・ルーブルで発表した作品は、インスタレーション部門にて「金賞」

と「審査員賞金賞」をダブル受賞したのです。書が海外でこんな風に認められるなんて

これまで考えられもしない事でした。

 

今回の授賞理由として審査員の一人は、「300㎡を超える規模の空間を見事にコントロール

し、美術空間として成立させ、見る者を圧倒させた。とても自分らしく生き生きとした

表現の作品を創作できていることは称賛に値する。」と話されていたとか。

 

あんなアートな字が書ける様になるのなら、『美文字のすすめ(セブン&アイ出版)』

という本、買ってみたいと思いました。単純です・・・
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

デジタルサイネージ…スマートベンダー

2017-2-2 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

先日1月29日に放送された未来アイズ『株式会社ブイシンク』の回はご覧になられましたか?

自動販売機を進化させ、画期的なサービスを生み出した、株式会社ブイシンク 井部さんが

今回の主役でした。

 

開発したタッチパネル式の自動販売機「スマートベンダー」は、急増する訪日外国人に

向けた多言語対応や観光情報、ARによるエンタメ機能など新しいサービスを搭載、更には

地震震度や避難場所、犯罪者などの検知通報が可能とのことです。

 

随分前になりますが、自動販売機の前に立つと顔認証を行って、年齢や性別を予測し

お薦めの飲料を表示するといったデジタルサイネージが登場しいていましたが、それを

もっと進化させた形でのスマートベンダーと言ったところでしょうか。

 

3年後に迫っている東京オリンピックをはじめ、増え続ける外国人観光客に対応できるよう

「スマートベンダー」は各台が位置情報を把握しており、周辺のグルメや観光名所、交通

手段を表示可能にしています。地震発生時には、最も近い避難場所も教えてくれるそうです。

 

「スマートベンダー」自体が日本の『おもてなし』の機能を備えていて、内蔵された

カメラを使って、武士や着物姿の姿をはめこめる合成写真まで作成でき、撮影した画像は

QRコードを通じて保存も出来るとのこと。自販機の前で外国人の親子がはしゃいでいるのは

何とも不思議な光景でした。

 

さらに、内蔵カメラは犯罪者を検知する機能も有しいて、治安維持にも貢献。自販機を

通じて、安心・安全なおもてなしを実現するべく挑戦を続けるているとのこと。すごい

スピードで進化している事を実感させられました。飲料を買うだけの自動販売機から

考えていくと、置くだけの機械が無限の可能性を生み出しているのですから、これからも

楽しみです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

『Be the light』…【その光になれ】

2017-2-1 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

『Be the light』  

 

Just the thought of another day
【また新しい一日が始まった】
How did we end up this way
【なんであんなことになったんだろう】
What did we do wrong?
【僕たちは何か悪いことでもしたのかな?】
God
【神よ】

 

Even though the days go on
【時は流れて】
So far so far away from
【あの日からどんどん離れていく】
It seems so close
【でもまだあの日は近くに感じる】

 

Always weighing on my shoulder
【いつもその痛みはそばにあるんだ】
A time like no other
【いつもと違ったあの時】
It all changed on that day
【あの日からすべては変わった】
Sadness and so much pain
【痛みと悲しみで溢れたあの日】

 

You can touch the sorrow here
【その哀しみはまるで触れるくらいにリアルで】
I don't know what to blame
【一体誰のせいにすればいいのだろう】
I just watch and watch again
【僕はただ何度も何度も見ていた】

 

Even though the days go on
【時は流れて】
So far so far away from
【あの日からどんどん離れていく】
It seems so close
【でもまだあの日は近くに感じる】

 

Even though the days go on
【時は流れて】
So far so far away from
【あの日からどんどん離れていく】
It seems so close
【でもまだあの日は近くに感じる】

 

What did it leave behind?
【あの出来事は僕らに何を残したんだろう?】
What did it take from us and wash away?
【あの波に僕らの何を洗い流されてしまったんだろう?】
It may be long
【まだまだ時間はかかるけど】

But with our hearts start a new
【傷ついた心でまたゼロからやり直して】
And keep it up and not give up
【諦めずに誇りをもって】
With our heads held high
【上を向いて頑張り続けよう】

 

You have seen hell and made it back again
【地獄を見たけどまたここに戻ってきた】
How to forget? We can't forget
【どうやったら忘れられる?いや、決して忘れられない】
The lives that were lost along the way
【あの日に先に旅出ってしまった人々】
And then you realize that wherever you go
【逃げようとしても】
There you are
【どこにいても自分がいる】
Time won't stop
【時間は止まってくれないから】
So we keep moving on
【続けるしかない】

 

Yesterday's night turns to light
【昨日の闇が光になる】
Tomorrow's night returns to light
【明日の闇は光にもどる】
Be the light
【その光になれ】

 

Always weighing on my shoulder
【いつもその痛みはそばにあるんだ】
A time like no other
【いつもと違ったあの時】
It all changed on that day
【あの日からすべては変わった】
Sadness and so much pain
【痛みと悲しみで溢れたあの日】

 

Anyone can close their eyes
【ただ目を閉じて】
Pretend that nothing is wrong
【見て見ないふりすることは誰にでもできるよ】
Open your eyes
【ほら、目を開けて】
And look for light
【その光を探して】

 

What did it leave behind?
【あの出来事は僕らに何を残したんだろう?】
What did it take from us and wash away?
【あの波に僕らの何を洗い流されてしまったんだろう?】
It may be long
【まだまだ時間はかかるけど】
But with our hearts start a new
【傷ついた心でまたゼロからやり直して】

And keep it up and not give up
【諦めずに誇りをもって】
With our heads held high
【上を向いて頑張り続けよう】

 

You have seen hell and made it back again
【地獄を見たけどまたここに戻ってきた】
How to forget? We can't forget
【どうやったら忘れられる?いや、決して忘れられない】
The lives that were lost along the way
【あの日に先に旅出ってしまった人々】
And then you realize that wherever you go
【逃げようとしても】
There you are
【どこにいても自分がいる】
Time won't stop
【時間は止まってくれないから】

So we keep moving on
【続けるしかない】

 

Yesterday's night turns to light
【昨日の闇が光になる】
Tomorrow's night returns to light
【明日の闇は光にもどる】
Be the light
【その光になれ】

 

Some days just pass by and
【ただ過ぎ行く日々もあれば】
Some days are unforgettable
【決して忘れることのない日々もある】
We can't choose the reason why
【事の理由を選ぶことはできないけど】
But we can choose what to do from the day after.
【あの日以来 僕らができることは選ぶことができる】
So with that hope, with that determination
【そんな希望と決意をもって】
Let's make tomorrow a brighter and better day
【明日をより光差す素晴らしい日にしよう】

 

 

昨日の最後にご紹介させていただいたOne ok rockの歌詞をご紹介させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

 

 

熱い想いを感じた感動のOne ok rock

2017-1-31 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

昨年だったでしょうか。たまたま聞いていた音楽サイトで『One ok rock』を知ったのは。

  

 

 なかなか良い曲を作るグループがあるんだと他の曲も探していたら、なんと私の大好きな

『るろうに剣心』の曲も手掛けていて、夫婦そろって自慢気に息子に話したんですよ。

 

「おまえ【ワンオーケーロック(One ok rock)】って知っているか? あの《るろうに剣心》

の曲も歌っているんだぞ!!」って言ったら・・・「ぷすっと笑われて・・・」

 

「あれ、【ワンオーケーロック】じゃなくって、【ワンオクロック】って読むんだよ」って…

さすが若者・・・自慢気に話した側は・・・さすが老体の馬鹿者・・・

 

まぁ、そんな事は良しとして、まだ地上波に登場したことがないと言われていた彼らが、

事もあろうにNHKの特別番組にいきなり登場していたのです。タイトルは・・・

『ONE OK ROCK 18祭(フェス)~1,000人の奇跡 We are~』

 

最初に放送されたのが今年の1月9日だったのですが、私はそれを見逃して1月28日の

再放送で見たのです。

 

「ONE OK ROCK 18祭(フェス)」は、ONE OK ROCKと一緒にステージを作る日本全国の

18歳世代を動画で募集。ONE OK ROCKがその動画を見て、彼らの熱い想いを受けて

新たに楽曲を制作し、選ばれた1,000人の18歳世代(17〜19歳)とコラボレーションする

1回限り1曲の奇跡のステージを実現させる企画でした。 

 

 

仕事や勉強、恋愛や将来の目標など、それぞれが悩みを抱える18歳世代。彼らが心から憧れる

アーティストと本気で作品を作り上げることで、それぞれが抱える悩みを超えて、一体感の

ある感動的なパフォーマンスになっていました。NHKで放送されたものはユーチューブに

アップされていますので、是非、そちらもご覧ください。

 

番組ではイベント当日だけでなく、そこに向かうまでの様々な熱い想いを抱いた18歳世代を

紹介し、彼らの心の内を伝えます。更にONE OK ROCKの制作現場や、彼ら自身の18歳の話、

そしてこのイベントにかける想いも余すところなく伝えられ、番組最後で歌われる「we are」

では感動のあまり涙する人も…。

 

最後にもう1曲だけ…。One ok rockが東日本大震災を受けて作ったという『Be the light』

 

 

今後の彼らの活動に期待しています。 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

最初のグランドスラムは大興奮のエンディンクで・・・

2017-1-30 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

昨日、最初のグランドスラムである全豪オープンテニスが終わりましたが、ご覧に

なられましたか? 先週のブログでも触れた夢の対決が実現し、思った通りの、非常に

レベルの高い決勝戦が行われ、どちらにも勝ってほしい気持ちで釘付けになって見せさて

頂きました。

 

決勝に進んだとき、ナダルが語ったこんな話・・・

「フェデラーが昨年、僕のテニスアカデミーの催しに来てくれたとき僕らはふたりとも

故障していて、子供たちとエキシビションマッチをプレーしたんだ。ここの決勝で会える

なんて想像もしていなかった。だからこれは僕らふたりにとって、本当に特別なことなん

だよ」

  

2人がお互いを尊敬しつつ、ライバルとして常に意識し、昨年はお互いにケガからの

休養期間に入るなど、復帰戦となった全豪オープンはどちらにとっても深い想いのある

グランドスラムでした。結果は、交互に1セットずつとって最終セットにもつれこみ

最後はフェデラーが取ることになりましたが…本当に歴史に残る名勝負でした。

 

そう言えば、女子シングルスの決勝も、まさかのウィリアムズ姉妹の対決となって

これまた懐かしい展開になっていましたが、試合後、負けた姉の観衆に向かって語られた

話…「セリーナの勝利は常に私の勝利でもあった」。ウィリアムズ姉は4大大会が

オープン化されて以降、全豪オープンの女子シングルス決勝に進出する最年長者の

選手でしたが、素晴らしい一言でした。

 

更におまけになってしまいますが、車いすテニスの部では女子シングルス決勝があり、

第2シードの上地結衣さんが第1シードのイエスカ・グリフィユン(オランダ)を

2-1で破り、初優勝を飾りましたね。錦織や大坂選手が負けていただけに、これも

良いニュースでした。

 

今年1年、男子テニスはデミトロフも加わって、まさに戦国時代に突入しそうな予感です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

海苔を愛するイギリス人と十六島海苔

2017-1-27 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

昨日放送された『世界!ニッポン行きたい人応援団』【ニッポンの海苔を愛する

イギリス人】ご覧になられましたか? 主役のファーガスさんは海苔好きのあまり

インターネットの情報から海苔を自作するほどで、そんなカナダ在住のイギリス人が

今回ご招待されていました。

 

ドリュー・ベーカー女史という人のおかげで、日本の海苔養殖が劇的に変わっていった事、

島根・出雲市の十六島(うっぷるい)地区でとられる最高級の海苔『十六島海苔』のお話…

日本人でありながら全く知らない話でした。そんな話を知る事が出来、日本に訪れて

本当に喜んでいる外国の人を見ていると、感動し、幸せになれるありがたい番組・・・

 

でも、今日のお話は、そこから脱線して【海苔】のお話・・・

海苔一枚の大きさは約20cm角で重さは約3g。手軽に食べることができて、ビタミンA、

B1、B2、C、食物繊維、鉄分など沢山の栄養素を含んでいて、我が家でも健康番組を

きっかけとして毎食摂るようにしている食品のひとつです。

 

海苔は良質なたんぱく質を含み、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、ヨウ素など有効な

微量元素を多く含んでいるので、海苔を食べることで体内のミネラルバランスを調整する

働きもしてくれます。 .

 

更にビタミンも豊富でビタミンA、B1、B2、Cなど12種類ものビタミン群をバランスよく

含んでいます。その上、食物繊維や鉄分、血圧を下げる働きや、血液中のコレステロール

値を下げる働きがあるEPAも多く含んでいるのですからスーパーですよね。

 

番組でも触れられていましたが、なんと海苔には昆布に含まれるグルタミン酸は分かる

ものの、鰹節に含まれるイノシン酸、なんと干ししいたけのグアニル酸という3種全ての

うまみ成分が含まれているのです。グルタミン酸は昆布以上、グアニル酸は干ししいたけに

匹敵する含有量なのです。

 

パリッとした食感と磯の風味で、ごはんのおいしさを引き立ててくれる海苔。 おにぎり、

海苔巻き、ラーメンや蕎麦と…日本人には欠かせないありがた~い食材。ファーガスさんも

「日本の方は、こんなに美味しいおにぎりが毎日食べられるんですね」と語っていましたが

海苔の触感を失わないようにコンビニに置ける技術も含めて感謝感謝ですよねぇ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

万能白ワインで風邪対策から健康・美容対策まで

2017-1-26 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

今朝ですが地域ニュースの所で『千葉県 インフルエンザ警報発令』とあって、そんな

警報があるのかと今更…。千葉県の健康福祉部疾病対策課曰く『感染症発生動向調査に

おいて、2017年第3週(1月16日~1月22日)の定点当たり患者報告数が37.90となり、

国の定める注意報基準値(30)を超えました。県は、インフルエンザの予防対策をさらに

徹底するよう注意を喚起するため、本日、「インフルエンザ警報」を発令します。』とな…。

 

寒い季節になると、きちんと体調管理をしているつもりでも風邪やインフルエンザ等が

流行しますよね。風邪と言えば昔からビタミンを摂ると良いとされ、日本では「はちみ

つレモン」や「生姜蕩」、「玉子酒」などを飲む人が多いのではないでしょうか。

 

一方ヨーロッパでは寒くなるとよく飲まれるのが「ホットワイン」。温めたワインに

レモンやオレンジなどの果物を入れて、シナモンやクローブなどの香辛料やはちみつを

加えて飲まれる温かいお酒です。

 

赤ワインはポリフェノールが注目され健康に良いと知っている方も多いと思いますが、

白ワインの特徴は殺菌作用が強いところにあります。…という事で今日の主役は白ワイン。

 

【白ワインの効用・効果】
・殺菌力が非常に強い…大腸菌、サルモネラ菌等にたいする抗菌力が高い。
・利尿作用…カリウムの含有量が多い。新陳代謝がよくなるため、痩せやすくなる。
・抗骨粗しよう症…カルシウムとマグネシウムのミネラルバランスが良い。
・大腸癌防止…有機酸含有量が多ため、大腸内の悪玉菌を減らす。

 

白ワインには有機酸という成分が含まれています。具体的に有機酸とは、《オレイン酸、

リノール酸、リノレン酸、クエン酸、アミノ酸、リンゴ酸》など炭酸を主成分とした

成分で、酸の性質を持つものです。そんな有機酸が含まれている白ワインを飲むと、

腸内が酸性に傾き、大腸菌、サルモネラ菌、赤痢菌などの活動を防ぎ、下痢や食中毒等を

予防してくれます。これが有機酸の殺菌効果と言われているものです。

 

ちなみに大腸菌やサルモネラ菌を白ワインにつけこむと10万個あった菌が、10分程度で

数個になってしまいます。一方、赤ワインにつけこむと、そこまで菌がなくなるのに

20分はかかるので、赤より白をお勧めするのがお分かりいただけると思います。

 

さらに有機酸には、血行や代謝を促進させたり、アミノ酸の原料となって疲労回復に繋がっ

たり、腎臓などの働きを活性化するといった働きもあります。腸内細菌のバランスを

整えてくれる有機酸は、殺菌作用で食中毒などのリスクのある菌を消滅させ、悪玉菌を

減らし腸内環境を改善してくれるほか、さまざまな美容・健康効果もあって、風邪の予防

にも当然効くというのです。

 

おまけ・・・

【白ワインを使ったホットワインのおすすめレシピ】

 

材料
白ワイン1本、オレンジ半分、レモン半分、
はちみつ大さじ2~3杯(お好みで増量も・・・)
クローブ10~15粒、シナモンスティック1~2本

 

作り方
①オレンジとレモンは薄くスライスしておきます。
②鍋にワインと材料を入れます。
③弱火(80℃がベスト)で20分ほど火にかけます。
この時、沸騰させない事が重要です。
④シナモンとクローブを取り除き、カップに注いで温かいうちにいただきます。

 

オレンジやレモンの代わりに、ゆずやリンゴ、いちご、サクランボ等の果物でも美味しく
出来るそうです。いろいろ試してみたいですね。でも、薬を飲まれる方は、お酒ですから
しっかりアルコールを飛ばすか時間を空けてお飲みくださいね。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

宿敵同士の死闘が実現するかもしれない・・・

2017-1-25 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

全豪オープンテニス、後半に入ってきていますが、見られている方は居られますか?

世界ランキング1位のマレー、昨年までの絶対王者ジョコビッチが共に敗れてしまう

という大波乱の起きている今大会。

 

期待の錦織選手も同選手のあこがれの存在でもある師匠のフェデラーに惜しくも敗退。

3-2と本当に、あと1歩の様にも見えましたが、今大会で久々に復活してきたフェデラーは

凄い…凄すぎ…

 

ふと気づくと同じく今大会で復活してきたナダルも順当に勝ち上がってきており、

一昔前の宿敵同士の闘いが実現するかもしれないという展開に…見たいですねぇ…

 

宿敵と言えば、近年はフェデラー対ナダル。さらに遡るとサンプラス対アガシ、

マッケンロー対レンドル、コナーズ対ボルグといくつかありますが、このフェデラー対

ナダルは中でも特に楽しみなライバル戦でした。  

 

こんな言い方をすると変かもしれませんが、美しさと冷静さで戦う紳士で貴公子な

印象を与えるフェデラーと、力強さと情熱で戦う野生児の様な熱いナダルの対戦は、

好対照なキャラクターで、毎回楽しく見させて頂いておりました。

 

今大会では、日本人の錦織と言い、女子の大坂と言い、残念ながら既に敗退して

しまって楽しみがなくなりつつあったので、こんなところに期待していたいかと…

あっ、そう言えば女子では日本人のダブルスがまだ勝ち残っているんでしたね。

テレビでは殆ど取り上げられないので見られませんが、こちらも頑張って欲しいで

すね。

 

女子ダブルスは今日の闘い、男子シングルスは、夢の闘いが実現するかは分かりま

せんが、今日のラオニッチ対ナダル戦もなかなか楽しみにしています。良い試合が

見たいですよねぇ・・・

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

 

環境に優しい無水トイレ??

2017-1-24 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

1月22日放送の未来アイズ「株式会社LIXIL」ご覧になられましたか? 株式会社LIXILと

言えば、水絡みの会社と何となく理解していましたが、ホームページにはこう書かれ

ていました。

 

『LIXILグループは、生活者視点に立ったイノベーションを推進し、世界中の人びとの

より豊かで快適な住まいと暮らしの実現を目指しています。』

 

その通り、今回は環境に優しいトイレのシステムがテーマとなっていました。トイレを

安心して使えないケニアで「循環型無水トイレ」普及のためのプロジェクトに力を注いで

いる株式会社LIXIL Social Toilet部の山上遊さん。

 

トイレを安心して使えないことがもたらす弊害、そして、「循環型無水トイレ」の研究

開発が生み出す可能性を追求しているのですが、「循環型無水トイレ」とは、排泄物を

液体と固形物に分離し、固形排泄物を有機酵素によって処理し、病原体を取り除いて

いきます。固形の排泄物は堆肥場に集められ、農業用の肥料としてリサイクルできる

という環境に優しいシステムなのです。

 

世界では、安全ではない水や不衛生な排泄環境が引き起こす下痢性疾患によって、5歳

未満の子どもたちが毎日800人死亡していると言います。毎日ですよ・・・。山上さんが

所属するLIXILは、2008年から現在まで、水を使わずに排泄物を安全に処理・再資源化

する研究と開発に取り組んできました。

 

アフリカ・ケニアでは、急激な人口増加と都市集中化が進み、下水道などのインフラ

整備が後手に回るなか、トイレを中心にした衛生状態が悪化。そのケニアで、上下

水道のインフラもなく、排泄物を処理するような仕組みもないという地域に、水を

使わず、かつ安全に排泄物を処理できるシステムをつくる取り組みを2013年から

始めているのです。

 

素敵な取り組みですよね。日本でも災害時には水が使えないというケースも考え

られると言いますが、それは後から足されたもので、2014.1.23、『ケニアの非都

市部における水資源保全と衛生環境改善のための“循環型無水トイレシステム”普及

促進事業をスタート JICA「第1回 開発途上国の社会・経済開発のための民間技術

普及促進事業」に採択』とホームページには書かれていました。 

 

主役の山上さんは学校に行けない子供たちの為に、募金活動にも力を入れていて、

会社の中でも、それに賛同する大勢の人たちがいました。改めて株式会社LIXIL…

見直しましたよ。頑張れ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

どうなる? アメリカ大統領就任式

2017-1-20 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

今日はアメリカ大統領就任式の日となっています。西暦年が4で割り切れる年の翌年に

行われるそうで、アメリカ合衆国憲法修正20条では、大統領の任期は1月20日の正午に

終了することとされており、その瞬間から次の大統領の任期が始ります。

 

…という事で連日テレビを賑わせているトランプ。20日に行われる次期米大統領の就任式

について、ボイコットを表明する民主党の下院議員が50人以上に上ったというニュースも

聞きましたが、どんな就任式になることやら。

 

かつて、こんなに酷い大統領は見たことも聞いたこともありませんが、支持率もハッキリ

それを物語っています。議員の多くは、欠席を表明した公民権運動の闘士、ジョン・ルイス

下院議員(民主党)をトランプがツイートで攻撃したことなどに反発したそうですが、

なんと低俗な大統領なんでしょうか…呆れるばかりです。

 

就任前の大統領としては記録的な低支持率が相次ぎ発表された事に対しても、トランプは

「仕組まれた結果だ」「マスコミのウソだ」と反発しているし、またそれを信じるバカな

人が沢山いたりして事件が起きたりもしています。アメリカは病んでしまったとしか思え

ません。

 

これからアメリカに関わる国々が、振り回されることになるので、どんな展開になって

行くことやら…。大統領のまわりにも事件が起きるなどの過激な展開にならないよう

祈るばかりです?…っていうか、アメリカですから、当初は泡沫候補とみなされていた

トランプが、まさかの米大統領選に勝利したことで懸念される「大統領暗殺」。

 

歴代4人の大統領が暗殺され、計画段階まで含めると16人というアメリカの暗殺の歴史。

大統領選挙中にケネディが暗殺されたのは有名な話ですよね。トランプは「支配層」を

含め、敵が多いだけに心配されるし、正直嫌いな人は数多く、目の敵にされている人たちは

憎しみすら抱いていることでしょう。

 

就任式典は現地時間1月20日午前11時30分(日本時間1月21日午前1時30分)から始まり、

副大統領の就任の宣誓を経て、1月20日正午(日本時間1月21日午前2時)にトランプ

大統領就任の宣誓が行われます。その後、新大統領の就任演説、オバマ大統領退場、

昼食会、パレード、祝賀会という流れになっているようです。

 

翌朝は、トランプの嫌いなマスコミのニュースから目が離せなくなりそうです。

どうせなら面前に出ないで、ツイッターで就任演説すれば良いのにねぇ・・・
 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

TOPへ戻る