ティータイム

まるで映画の様に、人工知能が世の中を治める時代が…

2017-7-11 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

NHKスペシャル『天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る』ご覧になられましたか?

2016年3月、グーグルの開発した囲碁の人工知能が、世界最強と言われる韓国人の棋士に

圧勝し、世界に衝撃が走りました。囲碁は、人類が発明した最も複雑なゲームと言われ、

人工知能が人間を凌駕するのはまだ10年はかかると言われる中での出来事でした。

 

そして、今年春、今度は、将棋界の最高位・佐藤天彦名人と最強の人工知能が激突する電王

戦2番勝負が行われました。人工知能の前に、これまで屈してきたプロ棋士たち。最後の

牙城だった佐藤名人も完膚なきまでに叩きのめされてしまったのです。

 

番組では、既に現実社会に進出し、人工知能が人間に代わって判断を下している…そんな

様子が紹介されていました。

 

名古屋のタクシー会社では、客がいる場所を指示する人工知能を導入、客の数を大きく伸ば

しました。携帯の位置情報やタクシー会社の乗降記録、気象情報等を人工知能に学ばせると、

導入前より客を乗せる率が、20%もアップしたそうです。金融市場も80%が人工知能に任さ

れる様になり、トレーダーは、人工知能の予測を見守るだけ。物凄いスピードで売り買い

され変動するスピードに人間ではついていけないのです。もはや、マネーゲームの勝ち負けは、

どれだけ優秀な人工知能を持っているかが鍵になっているとか…。

 

また、恐ろしい事に、人工知能が、人間を評価するという事態も起こり始めています。シン

ガポールのバス会社では、事故を起こす危険性の高い運転手を人工知能が見つけ出し、アメ

リカでは、過去の膨大な裁判記録を学んだ人工知能が、被告の再犯リスクを予測し、それを

基に、どれくらい服役させるかを決める判断材料にしているそうです。日本の企業…離職率

の高い医療事務でも、社員が記した文章から「辞めたい」と考えている可能性を人工知能が

判断し、退職の予兆がある人を察知するというシステムを導入しています。

 

見終わって怖く感じたのは、番組の中でも触れられていたブラックボックスのお話。『なぜ、

人工知能が、その様な答えを導き出したのか』…その理由を知る事が出来ないという事。

ブラックボックスの中を見られない状況で、人工知能の出す答えに、どう対処し、どう使い

こなして行くのか?

 

映画の世界ではないけれど、人間が「共謀罪」という条件を与え、人工知能があらゆる情報網

から危険を察知し、犯罪が行われる前に極刑にしていく…そんな映画の世界の出来事が起こり

得るかもしれない…。昔、映画の中で人工知能が語っていたこと…『人間は地球を滅ぼす

ウィルスだから、駆除する必要がある』と…。

 

羽生さんは最後にこんな事を言われていました。正確ではありませんが、その辺はご了承

ください…。

 

『いくら人工知能が提言しても、それを採用するかどうかは、人間が判断する…。

  だからこそ、判断しなければならない人間のレベルアップが急がれ、求められる…。』
 

 

 人工知能…AIと、人間の共存の仕方・・・ボーッとしているうちに、気付けば殆どはAIに

よって動かされる社会になっているのかもしれませんよ・・・

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ ;

 

 

『空気のように』・・・詩集『道しるべ』より

2017-7-10 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

『空気のように』

 

ふんわり

のんびり

ゆったり

 

ぐうたらも良いじゃない

 

テキパキも良い

スピーディーも良い

ハッキリ、 スッキリも良いけど・・・

 

そうでなくたって良いじゃない

 

自然に浮遊する空気のように

目立たなくても、柔らかい生き方は素敵

 

帰りたくなる・・・心安らぐ故郷のように

 

ふんわり

のんびり

ゆったり

 

         詩集『道しるべ』より

 

                                       

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

磁場消滅で、いつ氷河期が起こってもおかしくない時代に?

2017-7-6 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

NHKBSプレミアム6月15日放送のコズミックフロント『地球を守る見えざら盾 磁場消滅

の脅威』ご覧になられた方はおられますか?ここ数年、地球の磁場に異変が起きており、

場合によっては、かつて殆どの生物が絶滅した大氷河期がやってくる可能性があるという

怖いお話。番組の中ではハッキリ氷河期という表現は、していなかった気もしますが…。

 

そもそも、なぜ「氷河期」が起こるのか?これは大きなスケールで起こる氷河期につい

ても、氷河期の中で起こる、より小さな氷期/間氷期の繰り返しについても、いまだ議論

されている問題で、ハッキリしていないらしいのです…。

 

それはさておき、磁場は宇宙から降り注ぐ有害な放射線や太陽風から生命を守る見えざる

盾となってきたらしいのです。人工衛星の最新の観測で、その磁場がここ数年急速に減少

していることが判明したらしいのです。減少が続き磁場が消滅すれば、大規模な気候変動

が起こり、現代社会に支障が出ることも懸念されます。

 

地磁気が弱まる事により、それまではローレンツ力によって弾かれていた宇宙線の大気

圏内への入射量が増え、粒子の飛跡が電離して、それを核として大気圏内の過冷却水蒸気

が凝結して雲の形成が増加し、太陽光が受けられなくなることで加速度的に寒冷化すると

考えられているのです。つまり氷河期?

 

磁場消滅の脅威に立ち向かえるのか、磁場発生のメカニズムに迫る最新の研究も踏まえ、

世界各国で進む磁場研究の最前線に迫る番組…。NHK総合のNHKスペシャルでやっても

良いのではないかと思われる様なホットなお話でした。

 

もともと科学番組として放送されているコズミックフロントだけに、地球上の磁場の異常

な様子も、磁場が如何にして変貌していくかというメカニズムについても、分かりやすく

解説され、とても面白く見る事が出来ました。

 

地球温暖化も怖いし、武装化が進む世の中も怖いし、更に地殻変動に磁場消滅…氷河期

の恐怖って、大変な時代に遭遇してしまったものです。もしかしたら貴重な歴史を目撃

する事になるのかもしれませんが、それと引き換えに…その後がなくなるのは・・・

残念ですねぇf^_^;

 

理不尽な出来事も多く、傲慢な国の主もあちらこちらに存在し、憤りを覚える事も数多く

ありますが、とりあえず!!  悔いのない様に、自分の生き方に納得のできる様に、1日1日を

大切にして…限られた時間を有意義に生きたいものですね。
 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

たまたま?料理ネタのドラマ集結??それも、ひと昔前???

2017-7-5 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

NHK土曜時代ドラマ、江戸時代を背景にした『みをつくし料理帖』、これまたNHKの土曜

ドラマで、やはり江戸時代を背景にした『幕末グルメ ブシメシ』、そして、もう1つは、

WOWOWの連続ドラマWで、『宮沢賢治の食卓』、まだ他にもあるのかも知れませんが、

たまたま、どれも気に入って見続けてしまっている次第です。

 

みをつくし料理帖は、最後にドラマとは別の料理教室まであったりして、何ともユニーク。

残念ながら次の土曜日に終わってしまいますが、続きがあれば、また見たいとも思ったので

あります。思わず『みをつくし献立帖』まで買ってしまったりもして…。

 

 

ブシメシは、まぁ、コメディの様な番組で、夢中になって見るほどのものでもありませんが、

肩に力も入らず、何となく楽しめる番組。料理と心の関係をコミカルに描いている感じです。

 

最後にWOWOWの連続ドラマW『宮沢賢治の食卓』。原作は、コンビニ向けのアンソロジー

コミック『思い出食堂』に収録されているグルメマガジンシリーズで、魚乃目三太さんの

同名コミックスを基にしたストーリーとのこと。主演の鈴木亮平さんの熱演も相変わらずで

、宮沢賢治ネタだけあって、なかなか面白いです。

 

宮沢賢治は『銀河鉄道の夜』『風の又三郎』『ポラーノの広場』『グスコーブドリの伝記』

等など、作品自体にはもちろん人気がありますし、人となりについてもかなり興味いことが

多い様で、本人主役のドラマは珍しく、楽しく見させて頂いております。

 

このドラマは賢治が稗貫郡立稗貫農学校教諭として生活する中での出来事が多く描かれて

おり、妹のトシが結核で亡くなるまでが描かれるのではないかと…。まあ、タイトルに

『食卓』が付いていますが、これは大した意味はない?ようで、普通に良くできています。

 

そう言えば、料理ドラマついでに、宮沢賢治さんは、童話集として『注文の多い料理店』

と言うものも書かれている様で、今後、こんな料理ドラマの展開に伴って、また、ドラマ化

されちゃったりも…するんでしょうかねぇ?
 

 

  

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

スマホに釘付けな人には気付けない世界…辿り着けない優しさ…

2017-7-4 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

先日のNHK『足元の小宇宙 絵本作家と見つける『雑草』生命のドラマ』ご覧になられまし

たか?京都・嵯峨野の里山で、甲斐という名のおばあちゃんが、人に話しかけるように

雑草たちと触れあい、語りあう…そんな懐かしくて穏やかで温かくなれる番組でした。

 

 

ノゲシが風に乗せてタネを飛び散らす様子を、甲斐さんは『綿毛の舞い舞い』と呼んでい

ました。そんな表現をされると、可愛い小動物の様に見えてしまうから不思議です。そんな

植物達のことを、甲斐さんは『この人』とか『彼』等と呼んで笑顔で話されていました。

 

 

朝早くから野道を歩き散策することで見つけられた、自然からのご褒美。それは、葉が

吐き出す水玉が、朝日を受けて赤・黄・青と様々に変化する“虹色に輝くキャベツ畑”。

甲斐さんは、日の出前からそのご褒美をもらう為に空き地に足を運びます。

 

 

普段、見過ごしてしまう自然の中には、数えきれないほどの小さな命がひしめき、生命の

ドラマを繰り広げています。日々、のっとりや巻きつき、一発逆転と、戦国武将さながらに

それぞれの戦略で空き地の覇権争いを行なっている植物達…。ハイスピード撮影された

映像は、そんな植物達の独自の動きを映し出していきます。

 

 

甲斐さんは、草をかき分け、地面に寝転がって、同じ目線になって植物と会話しています。

「植物と人間という違いはあるけど、生きものとしては同じ」と語る甲斐さん。

 

85歳ながら今も現役で活躍される絵本作家、甲斐さんは、スケッチを始めると5時間、

6時間と夢中になって正確な描写を行なっていきます。うまく描けない時は、植物に向かっ

て『ごめんね』と謝られる姿も、何とも微笑ましく、植物への愛情の深さが感じられました。

 

いつもニコニコしながら自然の植物達と触れあい、語りあう甲斐さんは、本当に幸せそうに、

甲斐さん自身も生き生きとされていました。語らいの場や会議中、電車の中や歩行中まで

スマホばかりに目を奪われて、自然や足元に目をやることがなくなった昨今。

 

大切な物…大切な事…忘れてしまっているような…。そんな私たちだからこそ、意識して

自然に目を向ける、歩く時は道端に目を向けるゆとりを持って生きていきたいですね。

『生かされている』のは自分だけではなく、『頑張っている』のも自分だけではない事…

そんな事に気づくだけでも、甲斐さんの見える世界に少し近づけるような気がしました。 

  

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

圧勝の都議選に何故かLECCAさんが・・・

2017-7-3 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

皆さんもご存知の通り、昨日、東京都議会議員選挙の投開票が行われ、小池百合子東京

都知事が代表を務める地域政党「都民ファーストの会」が圧勝で終わりました。驕り高ぶっ

て民意を無視し続ける自民党には『ざまあ見ろ』とでも言いたい感じです。

 

そんな『都民ファーストの会』から出馬した新人の中に、歌手のlecca(レッカ)こと斉藤れいな

さんが、南多摩選挙区で当選を果たしました。レッカさん、早稲田大学の政治経済学部を

卒業しておられたんですね。知りませんでした。

 

Leccaって、誰?そう思われる方も多いのではないかと思いますが、実は私、レッカさんの

曲にも、結構お気に入りがあるんですよね。音楽ネタが続いてしまいますが、今日も音楽で

レッカさんの曲をご紹介させて頂こうかと…。

 

まずは、当選した事に対するメッセージを感じさせる曲からHigher

 

 

 

 

簡単には諦めない、完璧でなくても、気にせず思いっきり生きなさい。そんなメッセージを

感じたのがJammin' the Enpire・・・この曲を聴いたことで、一気にCDを買いあさったの

でした。

 

 

 

続けては、限界なんてないから精一杯生きなければと言われている様なSky is the limit 

 

 

 最後は、ちょっと切ないこの曲で…Tsubomi

  

 

如何でしたか?これまでもメッセージ性の高い曲を送り出してきたレッカさん。

レッカさんらしく、都議会議員としても、ポジティブに、頑張って欲しいですね。

   応援しています!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

またしても・・・2CELLOSから・・・

2017-6-30 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

2CELLOS…って、つい先日ご紹介させて頂いたばかりですが、ド・ハマリしてしまって、

早くも第2弾・・・ 今日も曲のご紹介をメインにさせて頂きますね!早速!!!

まずは本来の得意分野なはずの…Vivaldi Allegroから
 

 

 

素敵ですよね。美しすぎます…

続けては対照的で激しい感じのこの曲…影武者
 

 

 

クラシックから、映画音楽、ロックにポップス、幅広いジャンルから高度な演奏技術と

素晴らしいアレンジでお勧めポイント満載の2CELLOS

続けては映画音楽からRain Man theme
 

 

 

色々なタイプの曲を聴きたがる人にとっては申し分ない豊かさですよね。

続けて・・・ヘビーメタルの要素を持ったこの曲Smells Like Teen Spirit
 

 

 

音楽の大会で競争しあうライバルだったという彼らの演奏は、どちらも引けを取らない

技術の高さで、見ても聴いても大満足!!

最後はこの曲"Mombasa" from INCEPTION [OFFICIAL VIDEO]・・・

 

 

 

土日にお時間のある方、じっくり鑑賞してみませんか?他にもG線上のアリアやゴッド

ファーザー、hysteria、For The Love Of A Princess "Braveheart"等々、沢山聴きごたえの

ある曲がありますので…私は、すっかりファンになってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

 

より、命を全うする…そんな『生き方』って?

2017-6-29 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

『より、命を全うする

   そんな『生き方』って?』

 

 

自分が嫌いになる時がある、
  それは、変わりたい自分がいればこそ

 

自分にしかできない事がある、
  でも、自分にも出来る事はもっとある

 

知識の未熟さに沈むよりも、
  感じる心の尊さを大切にしたい

 

欲し奪いたい思いに襲われるなら、
  捨て去る勇気とゆとりが欲しい

 

人の嫌なところに腹を立てるより、
  人の良いところ探しに向かいたい

 

噂に振り回されるよりも、
  眼に映る美しさに満たされたい

 

みんなに好かれるより、
  1人でも好きな人がいる方が良い

 

楽しい事を探すよりも、
  誰かに喜んでもらえる方が良い

 

美味しいものを食べる事より、
  美味しく食べられる事の方が良い

 

永遠の命より、
  限りある命の方が良い

 

何かマイナスな事があっても、きっと
  必ずプラスに受け止められる道があるはず

 

  そんな道を進みたい・・・


                                            詩集『道しるべ』より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

 

玄米の栄養を多く残し、お米の品種に縛られない無洗米『金芽米』

2017-6-28 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

6月8日放送のカンブリア宮殿『コメのおいしさ&健康革命!日本の農家を救う発明王』の回、

ご覧になられましたか?今回の主役はお米?…「白米よりおいしい」と料理人からも客から

も評判が良く、「タニタ食堂」では、おいしいだけでなく低カロリーという健康面にも着目

されていた『金芽米』。

 

注目を集めるこの金芽米を手掛けているのが東洋ライス。もともと精米機メーカーとして

スタートした東洋ライスは、その技術を生かし、今やコメそのものの加工販売も行ってい

ます。トップは、金芽米の生みの親でもある雜賀慶二社長83歳。社長は、その発想がその

まま商品になることも多々あるという、コメ業界の発明王と呼ばれる人物。

 

世界初となる技術を用いた製品・商品を数々生み出してきた発明王・・・例えば、その昔は

当たり前であった「コメ袋に小石が混ざっている」という問題を解決した「石抜き機」や、

今では定番商品となった「無洗米」もこの社長さんの発明品。ここ最近では、無洗米を作る

際に出る肌ヌカを用いた、有機質肥料「米の精」を生み出し、有機農家からの引き合いが

殺到しているらしいのです。

 

そんな現役バリバリの発明王社長さんは、「私は経営をしているという意識はない。ただ、

儲けるのではなく、技術の創造で世の中に役に立ちたい、という気持ちで会社をやってきた」

と言われています。

 

「日本の米は安すぎる。もっと評価され、高く売買されるようになれば農家の意欲も上がる」

そう話す社長さんは、ブランド米に関係なく精米一つの作業で金芽米が産まれる事を活かし、

全国のコメ農家とタッグを組んで、新たな取り組みを始めています。東洋ライスが、ブランド

米でなくても『金芽米』として価値を付加し、「全国で自分たちのコメが食べられている」

という農家の意欲に繋がっていったのです。

 

今回の社長の金言は、

    『長いトンネルの先の光明を目指せ』

 

お米のエジソンと言われるだけの事があって、諦めずに創り出す凄さと、歳を感じさせない

生き生きした瞳が印象的でした。この金芽米…少々お高いのではありますが、無洗米で、

簡単に食べられるようなので、一度は奮発して購入し、食べてみたいと思ったのであり

ました…。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

全てを共有し、新鮮に分かち合えるシステム

2017-6-27 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

5月11日放送のカンブリア宮殿『おいしい!ヘルシー!ユニーク商品を連発する老舗が生んだ

チームワーク経営術の全貌!』の回、ご覧になられましたか?「はちみつ黒酢ダイエット」を

業界に先駆けて発売し"お酢ドリンク"のパイオニア企業と言われる110年の歴史を持つ老舗

醸造酢メーカー、タマノイ酢。

 

実は、お酢業界では、ミツカン、キユーピー醸造に次ぐ、業界3位のメーカーとの事。強さ

の秘密は、他社がまだ手をつけていない"ユニーク商品"を生み出す企画力。そこには社長の

播野さんが仕掛ける「若手をあえて最前線におき、会社全体で、それを支える」という常識

破りで独自な"チームワーク戦略"がありました。

 

タマノイ酢では、入社して1、2年という間もない社員に、新商品の開発や大手企業との

商談などを積極的に任せています。若手に仕事を任せることで、業界の先例などに囚われ

ない独自の新商品を生み出せてきたというのです。勿論、ベテラン社員が若手を細かく

フォローできる仕組みも整っています。

 

タマノイ酢では数ヶ月毎に突然、オフィスの掲示板に異動通知が書かれた紙が貼り出されます。

播野さんは、社員たちも驚くような人事異動を、社長就任以来続けてきたそうです。文系、

理系出身者も分け隔てなく、文系大学出身者が研究部門に配属されることもあれば、理系の

大学院を卒業した社員が営業職に就くこともあります。頻繁に人事異動を行えば、その部署に

常に新しい風、つまり、人材やアイデアが入ってくるというのです。こうして播野さんは、

老舗でも進化し続ける組織、タマノイ酢を作り上げてきました。

 

どんなに仕事をしたくても、本社の消灯時間は夜8時。実は、タマノイ酢には夜8時になると

強制退社しなければいけないルールがあります。しかも、この制度、昨今、叫ばれる“働き方

改革”を意識したものではなく、2014年から実践しているというのです。さらに「キャリア制

社員」という独自の制度も生み出していました。これは、アスリートや芸術、芸能などの世界に

挑戦したいという『夢を追いかけている若者』を期限付きで採用する仕組みです。仕事の中身や

福利厚生は、正社員と変わりませんが、残業は一切なし。5年間という期限付きですが「社会人

としての勉強をしながら、夢を追いかけてほしい」という播野さんの思いで作られたそうです。

「いつかタマノイ酢で育った人材が、様々な産業分野で活躍する日が来て、タマノイ酢での

経験があったからこそ」と言ってもらえる会社になることが、タマノイ酢の進化に繫がると

幡野さんは考えていました。器の大きな人ですね。

 

村上龍の編集後記では、こんな風に書かれていました。

『給与が上がらない時代、従業員のやる気を引き出し、維持するのはむずかしい。播野さんは、

社長になってから1年間、全国の営業所、問屋を回り、数千人と会って営業のトレーニングを

積んだあと、社員研修に着手した。「恐竜ではなくゴキブリになれ」と、最優先で変化への

対応力を求め、人の生きがいこそが目的で、会社はその手段に過ぎないと明言する。酢は、

なくなることはないが、今後大きく消費が増えることもない。そんな状況でどう生き延びる

のか、タマノイ酢の成果は多くのことを示唆している。』

 

頻繁な配置換えが、多くの同僚との出会いを生み、よりまとまりのある会社になっていくのと

同時に、特定の部署で働いた経験を、他の部署で活かされるという常識破りの働き方がそこ

にはありました。『熟練』といった、『他が入り込めない世界』を作るのではなくて、

『多様性』という『多くが関わり合いながら1つになる世界』…全てを共有し分かち合える

世界が、そこにはあり、だからこそマンネリになって退化してしまうのではなく、刺激を受け、

新鮮でいられるのかもしれませんね。
 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

TOPへ戻る