ティータイム

『世界一イノベーティブでありたい』という会社

2017-4-11 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

4月9日放送の未来アイズ『セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社』の回、ご覧に

なられましたか? 時代の先を見据え、“0”から“1”を生み出そうとする技術集団『セブン・

ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社 』が今回の主役。

 

代表の阪根さんが生み出したのは、世界初 全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」。

なんと衣類を無作為に投げ入れるだけで、カメラが衣類を判断、人工知能が畳み方を指示し、

ロボットが、衣類を綺麗に畳んで行くのです。1回で30枚まで畳めるそうで、人工知能なので、

衣類の特徴を覚え、家族ごと・衣類ごとの棚に分別までしてくれるんだとか。

 

データベースに蓄積された無数の知識は、衣類に最適なたたみ方を、経験を積めば積むほど

学び、成長していくというのです。洗濯が自動に~乾燥が自動に~食器洗いが自動に~掃除

まで自動になった、現代。2017年 次に開放する家事は、衣類の整頓。この『ランドロイド』は、

185万円もするのですが、世界で初めてという物は、最初は高くなるのは仕方がないと、

その出来上がった物への自信が伺えます。

 

画像解析、A.I. 人工知能、ロボティクスの技術を集結させた、世界を見渡してもここにしか

ない技術。世界にそれまで存在していなかったモノを世の中に送り出す『世界一イノベー

ティブな会社』でありたいと話す阪根さんは、『テーマ選びが重要』で、その判定基準は、

①世の中にない②生活を豊かにする③技術力の高いものの3つだそうです。

 

挑戦を続ける“革命家”阪根さんは、これまでにも人工衛星のはやぶさに活かされた技術力で

作り上げたカーボン製のゴルフシャフトや睡眠時無呼吸症候群の解消グッズを作っています。

ゴルフシャフトでは、プロゴルファーの尾崎将司さんが登場し、その製品の素晴らしさを

語っておられました。なんとオーダー用品は12,000,000円する物もあるんだとか…。

 

300万人の患者数と言われる睡眠時無呼吸症候群のグッズ開発では、社長自身が無呼吸症候群

の為、自らが被験者となり、針金で作られていた当初は血みどろになってまで開発したと

笑顔で語る社長さん。世の中にない物を、ニーズから探り当てて開発し作り上げていく…。

『ランドロイド』も10年かかったのだそうです。

 

諦めず折れない気持ちがあればこそ、たどり着けるゴールなんでしょうね。凄い人でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

上新粉と白玉粉と米粉の違いは?

2017-4-10 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

昨日、ある料理番組を見ていて、お米から出来ているという、上新粉と白玉粉と米粉の違い

が分からなくて、調べてみたのです。するとこんな感じで・・・

 

上新粉や白玉粉は米粉の一種で、『うるち米』や『もち米』を粉にしたものの総称を米粉という

らしく・・・

 

なので、上新粉はと言うと、『うるち米』を精白して一度洗って乾燥させた後に、水を少し加えて

粉にしているものらしく、きめの細かさで区別されるそうですが、荒い物から細い物順に並べ

ると新粉、並新粉、上新粉、上用粉(じょうようこ)となるそうです。

 

でもって最後の白玉粉は、上新粉と同じように和菓子作りに使われていますが、こちらは

『もち米』なので、出来上がったものは柔らかさと弾力があります。また、加工方法は、

精白して水につけるまでは同じですが、その後は米を柔らかくして水ごとすり潰し、白い

液の沈殿物を乾燥させて細かく砕きます。

 

そのため市販の白玉粉は細かい粉末でなく、数ミリ程度の白い岩状の塊になっているとの事。

白玉団子、求肥(ぎゅうひ)など弾力性のある和菓子に使われる粉です。小豆と一緒にある

白玉は、美しくて触感も良く美味しいですよね。

 

米から作られ米粉の利用は、奈良時代から始まったと言われています。遣唐使によって唐

菓子が書物で伝えられ、その後『宋(中国)』から点心が伝わり、お菓子が生まれたそうです。

江戸時代になると、茶道の発展とともに日本独自の和菓子が完成したらしいのですが、『日本』は

独自の展開が得意で、不思議に、基からあったかのように変えてしまう力がありますよねぇ…
 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

KOIKEYA PRIDE POTATO

2017-4-7 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

湖池屋は、1962年の「コイケヤポテトチップス のり塩」発売以来、日本産のじゃがいもに

こだわって、50年以上にわたってポテトチップスをつくり続けてきました。昨年10月1日に

湖池屋はコーポレートブランドの統合を実施し、創業の原点である「株式会社湖池屋」として

新たな一歩を踏み出しました。

 

そうして、未来へ踏み出す、新生 湖池屋を象徴するものとして誕生したのが「KOIKEYA

PRIDE POTATO」です。このポテトチップス…我が家はのり塩しか食べていませんが、

確かに美味いので、我が家の評判もなかなかのもの。他の種類も食べてみたいものです。

 

素材、皮の剥き方、洗い方、揚げ方、厚さ、油の種類、仕上げなど、まるで料理を作るように、

ポテトチップスづくりにこだわっていた創業時代の情熱を胸に、日本産のじゃがいもを100%

使用し、素材も製法も一切の妥協なく、老舗・湖池屋のプライドをかけて理想のおいしさを

追求したそうです。その拘りたるや、じゃがいもの状態によって火の入れ方を調整するほど

だとか…そんな話題の3種類がこちら・・・

 

① 「秘伝濃厚のり塩」は、3種の塩と国産青のりに、アクセントで3種の唐辛子をブレンド。

  のりの風味と濃厚な味付けが特長。

② 「松茸香る極みだし塩」は、焼津産かつお節と日高産昆布の2つの旨味に松茸の風味を

  加え、和食ならではの味わいを感じられるポテトチップスに仕上げているとか。

③ 「魅惑の炙り和牛」は、厚く切った高級和牛を炭火で炙ったような香ばしくジューシーな

  旨味に、黒こしょうでキレが加わった味わいが楽しめるそうです。

 

身近な店舗で買えるポテトチップスらしからぬオシャレなパッケージや、「歌が上手すぎる

女子高生」鈴木瑛美子さんが全力で「100%日本産のいもを使っているの」などと熱唱して

いるテレビCMで話題性は抜群。店頭で見かけた人が次々と手にしたようで、2月6日から

全国のコンビニエンスストアで発売され始めたものの・・・

 

売れ過ぎて14日には「魅惑の炙り和牛」味が販売休止を発表し、更に、20日「松茸香る極み

だし塩」味まで販売休止となって、3種類のうち2種類の販売が、一時休止になるという展開。

4月3日「松茸香る極みだし塩」の販売を再開し、まもなく「魅惑の炙り和牛」も再開される

らしいのですが…何でこんな展開になったのか…。

 

実は、湖池屋は2012年から2年連続で赤字に陥るなど苦しい経営を強いられ、古い組織体制や

商品群の抜本的な見直しを迫られてきたそうです。その過程で昨年、新生・湖池屋の新社長

として外部から招聘されたのが、“伝説のヒットメーカー”と呼ばれていたキリンビバレッジ

前社長の佐藤章さん(57)。

 

缶コーヒーの『FIRE』や『生茶』、『アミノサプリ』など次々とヒット商品を飛ばし、一躍、

“カリスマ・マーケター”としてその名を轟かせるようになった人だったのです。とは言え、

来て早々、こんな騒ぎを起こしてしまうとは、さすが…凄い人なんですねぇ…。・・・で、

次に食べてみたいのは「松茸香る極みだし塩」ですかねぇ・・・売ってるかなぁ・・・
 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

親子で支える伝統の金属加工

2017-4-5 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

先月3月26日放送の未来アイズ『株式会社 武田金型製作所 / 株式会社MGNET』の回、

ご覧になられましたか?ユーチューブで話題になった武田金型製作所の動画がこちら
 

 

 


日本で一番社長が多い街といわれる新潟県 燕三条地域。三条市と燕市からなる燕三条は、

古くから金属加工が盛んな地域ですが、今、危機に面していますす。ご存知の通り、

中国など新興国の成長によって輸出が減少したうえ、安価な外国製品が増加し、ものづくり

産業は年々縮小しています。また、後継者不足の問題もあって、伝統ある地域産業を、

いかにして後世に残していくかというのは大きな課題でもあるのです。

 

金型ひとすじ39年、車のパーツから精密機器の部品まであらゆる金型を手がけてきた、

プレス金型のスペシャリスト 株式会社 武田金型製作所 代表取締役 武田修一さん。ワイ

ヤー放電加工機を使って、暑さ0.1mmの千円札を33等分にする技術というのは、本当に

信じられない世界です。

 

また、燕三条の金属加工技術を広める活動や金型でつくったオリジナルの名刺入れの

販売を行う、株式会社MGNET代表取締役 武田修美さん。武田金型製作所の高い技術を

世に広める為の会社と言っても良いでしょう。

 

父の修一さんは誠心誠意、その高い技術で金型をつくり、息子の修美さんは、真心を込めた

製品で金型をアピールし、親子、二人三脚で金型工場を支えているのです。そう言えば、

技術を全て盛り込んだという名刺入れは、私が先日行ったT-SITEでも売られていました。

 

職人さんたちの伝統技術を、時代の流れに合わせ、現代の暮らしを豊かにするため、日々

更新を続け、金属加工技術をもって挑戦する武田さんたちですが、何より親子で1つの

伝統産業を守っていけるというのは素敵な話でした。

 

親の意志を継ぐというのは、必ずしも技術そのものである必要はなく、こうして技術を

アピールする事で、その技術を学びたいと思う人が出てくれば、救われるのではないかと

そんな事を考えさせられました。

 

番組の中では父親が息子に厳しい評価をしている場面もありましたが、そんな姿さえ嬉し

そうに見えるのは、親子の絆が感じられるからなのでしょうね。
 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

思いやりにあふれた感動食堂

2017-4-4 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

3月30日放送のカンブリア宮殿『心に寄り添って営業中!小さな"感動食堂"SP』ご覧に

なられましたか?取り上げられた2つの食堂は、『未来食堂』と『こども食堂』、いずれも

女性ならではの細かい配慮がなされた素敵な食堂でした。

 

「未来食堂」は、以前、確か『ガイアの夜明け』にも登場したお店で、客が店を手伝う「まか

ない」、それによって手に入れられる代金無料の「ただめし」や、客の食べたいものリクエ

ストを受けて作られるメニュー「あつらえ」など、客と店が"つながる"不思議なシステムば

かりで、見事に成立していました。

 

徹底した"効率的な経営"で、メニューは1品だけなので、客が座ると直ぐに定食が出て食べ

られ、ランチタイムに驚異の7回転と黒字経営を続けています。"客と一体化した店づくりで、

食堂の新たな可能性を模索するだけでなく、『誰もが受け入れられて、誰もがふさわしい

場所』そんな新しい形の場所が広がって行くことを望んでおられました。

 

一方、「こども食堂」は経済的困窮や孤食に陥る子どもたちに向けて、100円という低料金で

温かい食事を提供する取り組み。日本の子どもの6人に1人が貧困のもとで暮らしているという

日本の現状。家族の収入が少なくてご飯を食べられなかったり、進学を断念したりしていおり、

その割合は年々増え、大人になっても抜け出せない「貧困の連鎖」を起こしています。

 

そんな国が解決しなければならない事を、『こども食堂』は、地域のボランティアが中心と

なって、全国で300カ所以上までの広がりを見せ貢献しているのです。発祥地は東京・大田

区の八百屋さん。その店主であり「子ども食堂」の名付け親でもある女性代表は、7年前、

小学校に「給食以外をバナナ一本で過ごす児童がいる」ことを知り、『こども食堂』を

立ち上げたそうです。

 

『こども食堂がいらない社会を』そんな風に話す女性代表は、『貧困でなくても食べに来て

良い』と話し、『もし限定したら、本当に必要としている子どもまで来られなくなってし

まう』と。また『行政は枠を作ってしまうので、その為に本当に必要な子どもが来られなく

なってしまう』とも話しておられ、実に思いの深い優しい方でした。

 

村上龍さんの編集後記では、こんな事が書かれていました。

『『普通」が消えつつあるように思う。「普通の高校生」の偏差値はどのくらいで、「普通

のサラリーマン」の年収はいくらなのだろう。多くの人が、自分は特殊で、普通ではない

と悩んでいる気がする。生きづらい社会、暖かな食事と、「普通」を提供する食堂が生まれ

ている。「こども食堂」「未来食堂」は、誰もが普通でいられる「場」を作った…』と…。

 


日本の子どもの貧困率は16.3%(2014年発表)で、過去最高を更新しています。ひとり親など

大人1人の世帯に限ると、54.6%で、先進国で最悪の水準(30ヶ国中、下から4番目)だそう

です。豊かな日本と一括りで語れない現状を、豊かな人たちはどのように思うのでしょうか…。

想いの深い優しさにあふれた人たちを応援したいですね・・・。 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

『大切な自然と命を届けたい』

2017-4-3 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

『大切な自然と命を届けたい』

 

大地の恵みと・・・
天空の恵みと・・・
生物の恵みと・・・
自然は、私たちに命と術を与えてくれる・・・

 

でも・・・時として・・・それは・・・
大切な物や・・・
大切な家族や・・・
大切な思い出までも・・・
粉々に破壊し、奪い去ってしまう・・・

 

仕方がない・・・
自然の驚異・・・
神の思し召し・・・
そんな簡単に割り切れるものではない・・・

 

でも、私たちにできること・・・
諦めないこと・・・
支え、助け合うこと・・・
勇気と努力で進むこと・・・
きっと、その先には夢や希望が待っているはず・・・

 

そう・・・歴史が教えてくれたこと・・・私たちは
何度だって、立ち上がってきたじゃないか
何度だって、奇跡を起こしてきたじゃないか
何度だって、涙を力にして、笑顔に変えてきたじゃないか

 

まだ、産まれたばかりの命の為に・・・
まだ、若い命の為に・・・
力を必要としている弱っている命の為に・・・
自分にできる小さなことから始めよう

 

私たちが、こうして今あるように・・・
次の人たちにも、夢と希望を届けたい
自分が夢や希望が持てなかったなら、次の人たちにこそ…

 

たとえ、それがどんなに小さなものであっても


                詩集『道しるべ』より
 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

関東で3番目の T-SITE柏の葉店 見聞録

2017-3-31 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

相変わらずの私事ですが、私が住んでいる千葉県柏市にあの蔦屋書店のハイセンスな書店

T-SITE柏の葉店が3月2日オープンしたんですよね。T-SITE店としては、全国で4番目と

なって、代官山、湘南、それに大阪の枚方の次になります。

 

T-SITEは、ただ、多くの人に利用される商業施設とは異なって、近隣の人に多く利用される

ためにも、宣伝やメディアでの露出を故意に控えているのだそうで、いきなりの登場に

我が家は『何だあれっ⁉︎』の展開で大騒ぎ・・・。

 

息子が4月から大学近くのアパートで一人暮らしを始めるもので高速を使う為に国道16号を

走っていて気がつき、そりゃ気づいてしまえば…という事で、つい先日、家族で行ってみた

のです。

 

感想は、本屋の中にスターバックスがあって、店内の本を買わずにコーヒーを飲みながら、

じっくり品定めして購入を検討できるほか、お食事処やアウトドア用品、産地名品売場や

オシャレな文房具屋さんと、色々と大人が楽しめそうな物が沢山。なんと良い感じのお店

だろうと、本来なら思うはずだったのでは…と思うのではありますが、何分にも来店者が

多すぎてスターバックスの席は取れないし、本を落ち着いて見ようにも通路すらごった返し

ていて、正直ヘトヘト。

 

子供が楽しめるスペースもあるせいで思っていた大人のライフスタイルではなくて、家族で

来れちゃうゴチャゴチャ感満載の感じでした。…なもんで、私なんぞは、すぐに、近くの

柏の葉ららぽーとに移動したくなってしまったのですが、さすがに私以外の家族は気短か

ではないので、もう少し居座りたかったらしく、仕方なく家族が本をあさっているところを

私1人家族分の席を確保するのに狩猟動物化して待機。

 

席に座ってコーヒー一杯飲むと、「どれくらいで出る?」の催促をしたのでありました。

何せ神田神保町本屋街で働いている私ですから、別に本探しに困ることはないんですよね…。

結局、誰も本を買わずに1時間過ごすと柏の葉ららぽーとへ。

 

すると、最近、客が目減りした印象のあった柏の葉ららぽーとにも、人が溢れているでは

ありませんか。柏の葉 T-SITEで疲れた人が流れているんでしょうかね?とりあえず、

人混みが好きではないタチなので、もっと混雑が回避出来るようになったら、また行って

みたいとは思いますが、まぁ、まず、それはなかなか難しい要求だなぁと思うのでありま

した。タリーズとかカフェ・ド・クリエとか、もっとカフェがあれば席取りに翻弄されな

くても済むのかもしれませんが・・・残念!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

 

科学の進歩に人間の進歩が伴わない・・・

2017-3-30 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

2月19日放送の未来アイズ『京都大学 生存圏研究所』御覧になられましたか?無線エネルギー

伝送という『えっ?エネルギーを伝送?』って?驚きのお話だったんですよ。原発問題が表に

出てくると、にわかに注目を集めはじめた再生可能エネルギー。再生可能エネルギーって、

水力、風力、そして太陽光発電など、資源が枯渇しない発電方式ですが…。その電気を

「電波」で送るなんてことが出来たら…、再生可能エネルギーは、どんな場所でも使うことが

できてしまいます。そんな「電気」を「電波」で送るという研究に打ち込んでいる研究者が

今回の主役でした。

 

京都大学 生存圏研究所 教授 篠原真殻先生。篠原先生の夢は、『エネルギーで困ることの

ない未来』を築くこと。高度36,000kmの宇宙空間に、巨大なソーラーパネルを設置して

太陽光を集め、宇宙で電気を作るという「宇宙太陽光発電」。天候や昼夜に左右されること

なく宇宙では、太陽光が照りつけるため、高効率でエネルギーを集められます。はるか

宇宙から地球へ電力を送る、そんな凄い研究が進んでいるのかとビックリな話でした。

 

電線なしで電気が送れたら、災害によって断線する心配がなくなったり、災害でなくても

電気を引けない地域への送電が出来るようになれば、本当に明るい未来になりますようね。

ましてや、それが宇宙からの安定供給ともなれば、環境にも優しく夢の様なシステムです。

 

残念ながら昨日、アメリカのトランプ大統領が、オバマ前政権が進めてきた地球温暖化対策を

全面的に見直すための大統領令に署名し、世界第2位の温室効果ガスの排出国であるアメリカ

の温暖化対策が大きく後退するというニュースが報道されていましたが、良い取り組みをする

人がいれば、マイナスに引きずり込もうとする人もいたりして、科学の進歩に人間の進歩が

伴わないのは、本当に残念な限りです。本当に何て最悪な大統領なのでしょうか・・・
 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

“時代の変化”の中に新たなチャンスがある・・・

2017-3-29 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

3月23日放送のカンブリア宮殿『日本の食卓を変える窯元!主婦殺到の"便利土鍋"の秘密』

御覧になられましたか?主婦の間で噂になっている75万台を売った大人気の炊飯土鍋

「かまどさん」という魔法の土鍋。実は、この土鍋15分間中火で加熱し、火を止めて20分

蒸らすだけで、釜戸を使って「はじめ、ちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子が泣いても、蓋

とるな」で炊いたような、ふっくらとした、美味しいご飯が再現できる優れもの。そんな

土鍋を生み出したのが、三重県伊賀市にある180年以上の歴史を持つ伊賀焼の窯元・長谷園。

古くは、千利休が使用する茶器などを手掛けていましたが、その後、清水焼や信楽焼などの

有名焼き物の下請けに甘んじていたらしいのです。

 

長谷園に大きな転機が訪れたのは、6代目彰三さんの時のこと。彰三さんは、伊賀焼に使う土を

徹底的に研究し、建築用のタイル製造に事業を拡げたのです。7代目は、会社を焼き物の

下請けとタイル事業で存続させていくつもりでしたが、1995年の阪神淡路大震災が起こって

しまいます。この地震の報道で、タイルが崩れる映像が繰り返し放送され「タイルは、重くて

地震に弱い」というイメージが広がり、売り上げの7割を占めた建材用タイルに、キャンセルが

相次いたのです。年間の売上高が6億円程度の時に18億円の借金…そんな中で長谷園は

起死回生の勝負に打って出たのです。

 

そんな『いがもの』と言われる焼き物をつくる窯元が、これまで世の中に無かった“機能性

陶器”など200種類を生み出すようになりました。例えば、煙が出ず、食卓で薫製を楽しめる

土鍋「いぶしぎん」や、蒸し料理が簡単に作れる「ヘルシー蒸し鍋」。IHで使える土鍋や

ピザ用鍋、カレー鍋、吸水性を活かした1人用電子レンジご飯鍋「とうちん」まで…しかも、

その全てが、家庭料理のおいしさがアップする魔法のような土鍋なのです。

 

食卓の常識を打ち破る凄い土鍋を次々と開発したのが、伊賀焼き最大の窯元・長谷園

7代目 長谷優磁さん77歳。『民芸品は毎日進化していると思わなければダメだ』と語る

優磁さんは、伊賀の土が、保温性に富んでいる事を活かして特許を取り続け、今も開発に

没頭する現役なのです。

 

世の中にない商品でヒットを連発してきた長谷園。それを可能にさせたのが優磁さんの

「作り手は真の使い手であれ」という、ものづくりのポリシーにあります。常に客の立場に

立ってニーズをつかむことで、思わず買いたくなる新商品を生んできたのです。

 

いつもの社長の金言は…

  “時代の変化”の中に新たなチャンスがある

 

村上龍の編集後記では、『重要なのは「できるだろうか」という問いではない。「やる

だろうか」だ。寝ても覚めても考え続けることで、「完成」のイメージが生まれる。』

そんな事が書かれていましたが、寝ても覚めても考え続け、いつアイデアが生まれても

逃さないように、あちらこちらにメモを置いていると語られた優磁さん77歳。実に生き生きと

されていました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

「ピンチはチャンス 失敗からの逆転人生」

2017-3-28 NEW!
カテゴリ:つぶやき

 

3月12日から全3回にわたって放送された『私の履歴書』似鳥昭雄(ニトリホールディングス

会長)「ピンチはチャンス 失敗からの逆転人生」御覧になられましたか?

 

「お値段以上、ニトリ」のCMでお馴染みの「株式会社ニトリ」は、家具・インテリア・

生活雑貨の販売店として、国内386店舗、台湾24店舗、アメリカ5店舗、中国8店舗を展開。

年間売り上げ5,000億円、30期連続増収増益の快進撃を見せています。そんな巨大企業を

一代で築いたのが似鳥会長。

 

自分の名を漢字で書けず、極度のあがり症で落ちこぼれだった小学校時代からスタートし、

父の助言で23歳の若さで「似鳥家具店」をオープン。失敗を恐れず新しいことに挑戦し続け

た似鳥は、妻の存在もあり、攻めの姿勢で国内はもとより海外にも積極的に進出し成功を

収めています。

 

高校時代に父に言われた「人のやらないことをやれ」という言葉を胸に、周辺に家具屋が

なかったことから家具の販売を決意。倒産寸前の父の会社の建物を借り、1967年に「似鳥

家具店」をオープンさせます。店名の後に〇〇支店のような表記を行って、1店舗しかない

小さな家具店ではないように見せたのは有名なお話。

 

初めての店をオープンさせると、売上が全く伸びず、お金に困り栄養失調寸前になると、

接客上手の妻と結婚し、創業2年で1,000万円の売上。近くに大型家具店が出店し経営危機に

陥ると、アメリカ家具店の視察ツアーでインテリアに活路を見出し、洋式のトータルコー

ディネートを行うようになって復活。日本初のエアドーム建築の「南郷店」が悪天候で被害を

受けると、半額大セールで売りさばいて窮地を脱出。ピンチを次々と乗り越えていきます。

 

そんな中、経営コンサルタント・渥美俊一と出会い、チェーンストア経営の理論やノウハウを

勉強し始めます。この渥美俊一のペガサスクラブには錚々たるメンバーがいますので興味が

おありの方はこちらで…

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A5%E7%BE%8E%E4%BF%8A%E4%B8%80

この勉強会は相当有効だったのでしょうか、当時店舗数7店、売上高30億円だった会社を

『100店1,000億円』とする目標を掲げて経営に挑んでいくのです。1993年、満を持して

本州1号店をオープンさせますが、メインバンクの北海道拓殖銀行と山一證券が破綻し、

社債を引き受けてもらっていたスイスの銀行から50億円の返済を迫られますが、またしても

住友信託銀行から融資の取りつけに成功し、危機を乗り越えていきます。あと2時間遅ければ

そこで終わっていたとか…。

 

2002年、東証1部に上場。2003年、目標に掲げていた100店舗を達成し、海外へ進出。

2007年、台湾に海外1号店をオープン。更なる海外進出を図るものの、またしても2008年の

リーマンショックで窮地に立たされます。ところが、これをチャンスと取り原点に戻って

値下げを宣言…1,000品目以上を値下げし、経営の危機を見事吹き飛ばしていくのです…

凄い事です。風貌こそどこにでもいそうな人の良いオジサンなのですが、がっちりマンデー

では、日経平均株価予想で3年連続ニアピンを獲得する切れ者。

 

番組の中で印象に残った言葉は…

●企業のトップは、こっちに行くんだというブレないメッセージを出さなければ
●世の為人の為、志がなければ、売上、利益だけでは成功しない
●2つの肝心な事…①表情が暗いとダメ②リスクに飛び出そうとする積極性
●考えても失敗が怖くて一歩を踏み出せない。成功する人としない人の差は、踏み出す

  勇気があるかどうかだ

 

自社生産にとことん拘って安く作るだけでなく、10年20年と長く使える強い耐久性も

求めているニトリの商品。番組の中では、実際に家具を苛め抜いて耐久性を確認している

映像も見られました。この辺が新聞とは違う所ですね。安かろう悪かろうというのが、

良く言われる話ですが、ニトリに関しては、選択肢には入れるべきだなぁと、改めて思った

のでありました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

 

 

TOPへ戻る