ティータイム

不自由な人でも当たり前に歩けるようにしてくれる夢の歩行機具

2017-11-7 NEW!

 

9月24日(日)夜10時30分から放送の未来EYES、最終回『重力だけで歩く二足歩行ロボット』

ご覧になられましたか?

 

足を使って歩いたり、走ったりすることは、私たち人類以外にも、多くの生きものが当たり前

に行っていて、取り立てて考える事は殆どありません。しかし、誰しもいつかはそんな当たり

前の事にさえ、不自由を感じるようになり、また中には病気などで足を使うことが困難になる

人もいます。

 

私も左ひざの手術をし、右ひざ、腰へと不自由が広がっている人間ですので、普通に歩けた

り走れたりした頃が嘘のようになっており、不自由になったからこそ、当たり前に歩けたり

することが、とても有り難い事であることが分かってきました。

 

そんな不自由な状態を少しでも解消しようと、人間が歩く「原理」をとことん追究し、エン

ジンやコンピューターなどが付いていない「動力ゼロ」の歩行支援機を開発した、名古屋工業

大学大学院工学研究科の佐野明人教授が最終回の主役でした。

 

人間は、実は筋肉の力だけで歩いておらず、地球に存在する重力を利用して歩いているそう

なのです。佐野先生は今仙技術研究所と振り子の動きとバネの動きが作用して脚の振り出しを

アシストする動力を使わない歩行支援機『ACSIVE(アクシブ)』を共同開発しました。足の

動きを見ながらでなければ歩けない人でも、人並みに前を見て歩けることの幸せを、再び味

わう事ができるのです。

 

現在では健常者の歩行アシストのため『aLQ by ACSIVE』や重い荷物を運ぶ人をサポートする

『SUPER ACSIVE』も開発しています。モーターを使って機械を歩かせるよりも、受動型・

無動力の方が遥かに滑らかな二足歩行ができるのです。モーターや部品を追加する事で可能

にしていくのではなく「必要なモノだけを残した引き算の開発」…エコで自然で感動の歩行

支援機具でしてた。

 

ちょっと話がずれるかもしれませんが、【触覚コンタクトレンズ】というものが登場して、

それを対象物との間に挟んでなぞるだけで、わずかな膨らみを理解する事ができるようで、

足を失った人でも、地面に足が触れるときの感触を体験できるというのですから、こんなに

ありがたい話はありません。必要不可欠な、【歩く】【走る】の原理を見つけることが開発

につながり、人の支援に役立てられる。最終回も素敵なお話でした。

 

残念ながら、9月いっぱいで終了してしまった未来EYESですが、他局に類似番組が数ある中

で、構成の仕方や最後の一言…大好きな番組でした。また、復活してくれることを願いつつ、

とりあえずスタッフの皆さん、お疲れ様でした。夢の持てる番組でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考え抜いた末に意識の底から泡のように浮かんでくるアイデア

2017-11-6 NEW!

 

10月12日放送のカンブリア宮殿『行列のできる地方銘菓スペシャル②老舗菓子店が挑む常識

破りのベンチャー魂』ご覧になられましたか?

 

日本のお土産お菓子市場は、約2兆5千億円。毎年、数えきれない程の新商品が世に出ては、

消えていく…そんな業界で、約50年も売れ続けるロングセラー商品が「桔梗信玄餅」。きな粉

餅に黒蜜をかけて味わう山梨県の名菓ですが、その製造・販売を手掛けるのが今回の主役

『桔梗屋』。

 

明治22年創業の老舗菓子店で、驚く事にお菓子の製造だけでなく、飲食店の運営や、ホテル、

テーマパークに、ブライダル、更には自社農園まで持つ等、幅広い事業を展開しているのです。

 

【自分が楽しいもの】をベースに考え、『「8割が良い」ではなかなか売れない…「まあまあ」

ではダメ、でも、「たった1人でも、良いね」なら、少なくとも1人は買ってくれる』・・・

面白い答えでした。大学でマーケティングを学んできたことで、企業が生き残るには常識に

とらわれないベンチャー精神が大切なことに気付き、だからこその多角経営だったのです。

 

山梨県笛吹市にある桔梗屋の工場は年間160万人の客が集う観光スポット。早朝から大行列

ができる桔梗信玄餅の詰め放題や、信玄餅の全工程を見られる工場見学、さらに商品の包装

体験など、客を楽しませる仕掛けを多数用意。桔梗屋は、土産物の定番、桔梗信玄餅以外

にも、黒蜜をかけるプリンや餅の入ったロールケーキ等、常に新しい菓子を開発し続け、

客の話題をさらっていました。

 

果実王国・山梨。…とは言うものの、農家の高齢化や跡取り問題などで耕作放棄地が増加して

いるのは、ここ山梨も同じ。それでも桔梗屋はその土地を借り、自社農業として活用。収穫

した野菜は自社のレストランで提供するなど山梨県の産業振興に取り組んでいたのです。

さらに地元農家のため、果実を大量に購入。その果実で山梨を代表する新たな菓子作りに挑ん

でいるのです。印象的だったのは、村上さんの『全国展開はしないのか?』という問いに対

して『全国展開は、各地にも和菓子屋さんがあるのだから、私たちは山梨の誇りでありたい』

と答えたこと。地元山梨に貢献したいという【山梨愛の強さ】をとても感じる事が出来ました。

 

いつもの村上龍の編集後記では、以下のように書かれていました。

*************************************************************************
「成功の秘訣」などないんだなとつくづくそう思う。商品もサービスも細かく多様化して、

しかもモノは余っている。どんな商品を、どう売ればいいか、共通する答はない。中丸氏は、

マーケティングを深く学んでいるが「市場調査」を重要視しない。「自分が面白いと思うか

どうかだ」そう言いきる。だが「面白いアイデア」は、どこかに転がっているわけではない。

考え抜いた末に、あるときふいに意識の底から泡のように浮かんでくる。さえない響きのある

「地方の中小企業」という言葉、桔梗屋は、そのイメージを一新した。 

 **************************************************************************

 

考え抜く事・・・また、この答えにたどり着きましたね。『どうしたら良いのか』…そう

考えても迷走し続けている時・・・『本当にトコトン、四六時中、考え抜いていたのか?』

嘆いて投げ出す前に、もう一度、自分自身に問いかけてみたいですね・・・

 

 

 

 

 

 

 

便利で快適・買い物革命…注目のユニクロ弟分【GU】

2017-11-2 NEW!

 

9月26日放送のガイアの夜明け『便利で快適!買い物革命』の回、ご覧になられましたか?

インターネット販売が主流になりつつ、リアルなお店からは客離れ...。魅力的な商品を取り

揃えて客を呼び込んでも、店はショーウィンドウ代わりで、店頭で商品が売れない…。今、

小売りの現場が共通して抱える悩みだそうです。そんな苦戦が強いられる中、モノを売る為の

新たな動きが出てきたというのが今回のお話。

 

大手スーパーのイオンでは新しいスーパーのカタチとして「イオンスタイルumie」をオープン。

近隣に手頃な飲食店が少ないことから惣菜を900種類揃え、更に自ら外食店を展開して外食

事業に乗り出すことで集客に繋げていました。

 

メガネチェーンのメガネスーパーでは安売り競争から決別し、客の本当のニーズを捉えようと、

店の中にリラクゼーションルームを設置して、目の緊張をほぐしてから視力検査。1,000円で

目の細かい検査ができるというのだから眼科要らず? 更には、老人ホームや病院など、なか

なか店舗まで足を運べない人のために、24時間365日、要望があれば全国どこでも駆けつける

という「眼鏡の出張訪問サービス」を展開。

 

またユニクロの弟分、アパレルのGUは、品揃えを充実させた常識破りの超大型店を新たに

仕掛けていました。ベーシックな商品を扱うユニクロに対し、「990円ジーンズ」や「ガウ

チョ」「スカンツ」といったトレンドを掴んだヒット商品を、より安い価格で提供することに

よって急成長を遂げてきたGU。そんなGUですら、最近は、ネット通販やフリマアプリに客を

奪われているというのです。

 

GUが新たに勝負に出たのが、既存大型店の1.5倍、およそ800坪もの超大型店舗。品揃えも

およそ2倍へと増やしたそうです。目指すのは、「真のファッションブランド」。商品が高く

積みあげられ、安さのみを前面に打ち出した売り場ではなく、デジタルツールも駆使して客が

ファッションを楽しめる、買い物がしたくなるような売り場へと脱却するというのです。

 

「驚きの体験ができる店」ということで、モニター付きのカートでは、様々な情報を得られる

ようになっていたり、設置された画面に服をかざすと試着した画像が表示されたりするという

便利なシステム。わざわざ試着しなくても雰囲気がつかめてしまうのだから有り難いお話です。

 

そう言えば、このGU。10月22日には『がっちりマンデー』でも取り上げられてユニクロとの

違いを、今更ですが、よく知る事が出来ました。同じものを売っているのかと思いきや、こち

らはユニクロより更にお安いとか。値段を決めてから作りに入るという考え方は、あのIKEAと

同じ。ユニクロは高品質・高機能でベーシックファッションを中心に展開するため、並べられ

る商品が品切れにならないように沢山の在庫をかかえます。それに対してGUは、トレンドを

踏まえたファッションアイテムを提供し、短期間で売り切るので余計なコストがかからないと

いうのです。

 

さらに国内店舗の約半分にあたる175店舗にセルフレジを導入しているとかで、人件費も

削減できていますよね。我が家の近くの店舗には、まだ導入されていませんが…。また、

ちょっと違う「おしゃリスタ」という店員さんは、お客様にあったコーデイネートを提案し

てくれるようで、おしゃれに無頓着だったり、センスがないと言われたりする人には、

とっても良いサービス。『ダサい』と言われているお父さん…まな板に乗ってみますか!!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

零細企業が苦難を乗り越えて再生しようとするドラマ『陸王』

2017-11-1 NEW!

 

10月15日日曜日の夜9時から始まったTBSの『陸王』ご覧になられていますか?

 

足袋作り100年の老舗が、会社の存続を賭けてランニングシューズの開発に挑む企業再生の物語。

老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長を演じるのは、15年ぶりの連ドラ主演となる名優役所広司

さん。その他山崎賢人、竹内涼真といった若手注目俳優に、第2話からは倒産経験を持つ元社長

として寺尾聰さんが出演するなど、なかなか豪華です。

 

役所さんが演じる社長は、年々先細る足袋の需要から、熱血銀行マンをきっかけとして、ラン

ニングシューズという新規事業への参入を図っていきます。100年の歴史があるとはいえ、地方

の零細企業にとっての新規事業は苦難の道のり。例によって、将来の見えない会社に対する

銀行の冷たい態度や小さい会社を押し潰そうとする大手企業…。

 

思わず応援したくなる設定は、あの『下町ロケット』を思い浮かべてしまいます。本作品は

埼玉県行田市にある『きねや足袋』という会社をモデルに池井戸潤さんが書かれた小説(2012年

11月には実際に池井戸潤さんが「きねや足袋」を取材)で、『小説すばる』(集英社)に2013年

7月号から2015年4月号まで連載され、2016年7月8日に単行本が刊行、そして、今回のドラマ

化に繋がっています。

 

第1話では役所さん演じる足袋屋の社長に対して「実績のない事業に金は貸せない」と銀行の

一言。第2話では倒産した会社の社長を演じる寺尾さんに対して「倒産するような会社は信用

できない」と大手企業の一言。弱い立場に対するありがちな展開です。

 

たまたま、今、来年行われる大会口座を郵便局で作ろうとしていますが、ゆうちょ銀行は

『実績を提示しろ』と言って来て、すんなり口座を開設してくれません。そもそも、これから

行われる大会の実績なんて、示しようがないではありませんか…。新しく何かを始めようと

する段階で口座を作っていくわけで、実績を積んでからの口座開設だったら、その間の

お金は、どこで管理しろというのでしょうか…

 

・・・とまぁ、愚痴になってしまいましたが、第3話が待ち遠しい今日この頃。悲しいかな、

NHKスペシャルと同じ時間帯に入ってしまうので、暫くはNHKは再放送での録画になるで

しょうか…。私の場合、基本テレビは録画でCMを飛ばしながら見たり、時間がない時は

倍速視聴をしているもので・・・なんとも違った意味でのテレビ人には痛ましい限り…
 

 

 

 

 

 

 

 

 

酪農家と共に成長を目指す【よつ葉乳業】さん、素敵な会社です。

2017-10-31 NEW!

 

10月26日放送のカンブリア宮殿『よつ葉乳業』の回、ご覧になられましたか?

知る人ぞ知る『よつ葉乳業』さん…私の家内も発酵バターにクリームチーズと…料理には欠か

せないようで、私がテレビを見始めると自慢気に冷蔵庫から取り出してきて熱烈なファン

ぶりをアピール??(^ ^;) 老舗洋菓子メーカーや有名ホテルが愛用する絶品バター…それを

作っているのが、こだわり主婦などから絶大な信頼を集める『よつ葉乳業』さんなのです。

あの帝国ホテル特選発酵バターも、よつ葉さんの作ったものなんですよ!

 

50年前、大手の乳業メーカーに価格決定権を握られ、厳しい環境にさらされていた北海道の

酪農家は、一生懸命、牛を育てて生乳を作っても、買い叩かれ貧しい生活を送っていたそう

です。そんな状況を何とか変えようと立ち上がったのが、よつ葉乳業の創業者・太田寛一。

 

太田はヨーロッパの酪農家を視察し、酪農家が自ら加工品を製造し、それを販売することで

誇りを持って働く実態を見て、北海道に「農村ユートピア」を作ろうと決意し、十勝地方の

8つの農協が出資する加工会社の設立に動きました。凄い行動力です。それでも、その計画が

表沙汰になると、大手乳業メーカーから執拗な嫌がらせを受けるようになり、建てようとして

いた工場建設の業者にまで手を回して、請負を放棄させたりするほどでした。

 

大手企業って…なんとなく頭に浮かんできましたが、それは別として、話題になった【下町

ロケット】や最近始まった【陸王】が頭に浮かんできて、これもヒットするドラマになる

のではと思ったりして・・・おっ、脱線してしまいました・・・もとい。

 

数々の苦難を乗り越えスタートした「よつ葉乳業」は、今や乳業メーカーとしては、後発

ながら北海道バターの国内トップシェアを誇り、売上高1,000億円を超える企業となってい

ます。乳製品の「おいしさ」に対しては、こだわり抜いています。例えば、牛乳では、「特選」

と表記するために必要な国の基準を上回る厳しい社内基準を設定し、その基準値を下回る

生乳は牛乳として使わないという、こだわりぶり。

 

こうした厳しい基準を設けている理由…それこそ「生産者が作った生乳を無駄にせず、付加

価値をつけて適正な価格で売り、そこで得た利益を酪農家に還元する」という「よつ葉」の

ポリシーにあるとか。そんな「よつ葉乳業」だからこそ「生産者と共に成長を目指す」という

理念を持ち、それを愚直に実践してきています。

 

大手メーカーでありながら、酪農家の為の商品を作り続け、酪農家と共に成長することを選ん

できた「よつ葉乳業」さんは、後継者不足の問題解決の為若手酪農家の支援も行っています。

創業者の経験を参考にしてか、海外視察を用意し、先進的な酪農を学んでもらうことで、新規

参入や事業拡大を目論む若手の意識改革を進めているのです。

 

商品加工を行っている若者には、本来ライバルであるにも拘らず、よつ葉の販売網を活用して

の代理販売まで行って、酪農家を支援しているのです。本当に、素敵な企業さんですよね。

いつもの村上龍さんの編集後記では・・・こんな事が書かれていました。

 

***********************************************************************

日本の乳業は、北海道の開発と、ほぼ同時期に興った。わたしは「よつ葉」のバターが好きだ。

こくがあるのに、どこか味が優しく、脂肪分をあまり感じさせない。「よつ葉」は歴史的に、

「酪農家に寄り添ってきた」と言われる。だが、その表現は充分ではない。当時の大手乳業

との、壮絶な確執を経て誕生したときから、「よつ葉」と「酪農家」は単なるメーカーと取引先

ではなかった。「運命共同体」だった。だから両者は、お互いのため、消費者のためを思い

全力を尽くし、それが「どこか優しい味」を生んでいるのだと思う。

**********************************************************************

 

身体に良いものを求める我が家にとっても、とっても優しい『よつ葉』さんでした。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的な心の持ち様…【日常の五心】…五心…

2017-10-30 NEW!

 

誰の言葉か定かではありませんが、こんな五つの大切な心得が記されています。

 

【日常の五心】

 

一、「はい」という素直な心

一、「すみません」という反省の心

一、「私がします」という奉仕の心

一、「おかげさま」という謙虚な心

一、「ありがとう」という感謝の心

 

「はい」から「ありがとう」に至るまでの順番は、違うものもあって、どれが正しいのかも

私は知りませが、私としては、この順番がしっくり来ています。心得の意味するところは、

あえて説明するほどでもないので説明はしませんが、社会の中で生きて行く為には、心して

おきたい基本的な心構えの様な気がして、我が家でも子供たちの目につくところに、飾って

あります。

 

ところで話は余談になりますが、三角形の五心を思い出された方はいませんか?

重心・外心・内心・垂心・傍心

この2つの"五心"・・・全く無関係ですが、妙に気になる私でありました。

ちなみに、仏教用語には一心や三心も登場しておりますので、興味がおありの方は、

お調べください。

 

 不思議とこうした心得・戒めの言葉というのは大きく捉えると、みな同じことを

言っているような気もします。以前、ご紹介した【七つの思いやりの心】や

【キャンプファイヤー4つの火の教え】…

 こうした言葉に触れる時、改めて自分を見つめ直す良い機会としたいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たったの100円で人を驚かせ、感動と喜びを与えてしまう

2017-10-27 NEW!

 

日本が誇る“100円グッズ”を、まだそれを見たことのない世界の国々に持って行き、現地の

人々がどんな反応をするのかを調査する【ヒャッキン!~世界で100円グッズ使ってみると~】

という番組がテレビ東京の火曜日18時55分からのレギュラー番組となったようです。

 

思わず手にしたモノや、使い方を知って驚いたモノを実際に家で使ってもらう様子に密着。

日本のアイデアグッズに感動したり、従来の用途とは違う驚きの使い方をしたり...安くて

質の高い100円グッズが、世界の人々の役に立つ様子を見るのは、自分が作った訳でもない

のに、何故か誇らしく思えたりもして嬉しい気持ちにさせてくれます。

 

以前にも単発で放送されたりもしていましたが、レギュラー番組となっての初回はイタリア

から…。イタリアは日本人の行きたい国ランキングで常に上位となる憧れの国です。ベネチ

アでは、水の都だからこそ喜ばれる100円グッズを紹介。運河沿いでは湿度が高く洗濯物が

乾きにくいので、それを解消してくれる物や、スマホが水に濡れても大丈夫なように入れる

透明な袋を紹介。

 

このスマホ入れは、袋の上からでも操作できる透明な入れ物で、三脚の様にスマホを立てて

おくこともでき、流しなどに置いてレシピを見ながら調理をするといった使い方もできる物。

その他フィレンツェや美食の街ナポリ、フランス、カナダでも取材…。

 

カナダで増えているというシングルファーザーの家庭では、小学生の姉妹が家事に仕事・

育児と頑張ってくれているお父さんの為に、100円グッズを使ってお掃除からご馳走作りまで

やり遂げて、お父さんを感動させていました。役に立てたるという実体験ができた子供たちの

笑顔が、とても印象的でした。

 

次回10月31日もスペシャルの2時間番組の予定で、同じくカナダのほかスウェーデンやブラ

ジルを回るようです。面白いので是非ご覧下さい。私も100円均一にはよく行きますが、

目的の物を探すばかりで、埋もれたアイデアグッズを知る事は殆どありません。そんな100円

均一によく言っている人でも充分楽しめる…発掘のできる番組です。

 

そう言えば、私の大好きな【世界!ニッポン行きたい人応援団】が、月曜日の夜20時からに

移動したんですね。これで、同じ月曜日の18時55分から始まる【Youは何しにニッポンへ?】

と立て続けになって、海外の人を取材する事で日本を知っていくという番組が3つ。テレビ

東京さん…頑張っているじゃないですか!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

村田諒太選手、無念を晴らして、涙と笑顔!ありがとう!!

2017-10-24 NEW!

 

今年5月20日に開催された世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦で、ロンドン五輪

金メダリストの村田諒太選手が、同級1位のアッサン・エンダム(フランス)からダウンを

奪っておきながらも、まさかの1-2の判定でプロ初黒星を喫しましたが、その後、WBA・メン

ドサ会長が判定は誤りと表明。エンダムの勝ちとしたジャッジ2人を資格停止処分として、

再戦が決まったのは記憶にも新しい所。

 

そして、先日10月22日試合。それほどボクシングが好きな私ではありませんが、前回の判定に

納得のいかない私も、今回は見逃せないと見入っていました。平均視聴率20.5%、瞬間最高

26.7%の高視聴率を記録したようですから、ご覧になられた方も多かったのではないでしょう

か。

 

序盤から接近戦を展開した村田選手とエンダム。激しい打ち合いの中、村田選手は強烈な右を

エンダムにヒットさせ、着実にダメージを与えていきました。6回には右ストレートがエン

ダムの顔面にクリーンヒット。7回も村田が優勢に試合を進めると、8回開始直前にエンダム

陣営がタオルを投げたのです。

 

新王者に輝いた村田選手は、決まった瞬間にリング上で男泣き…観ているこちらも熱いものが

こみ上げたものです。95年の竹原慎二以来、日本人2人目のミドル級王者となった村田選手は、

念願のベルトを手にすると「今回の試合のTシャツ買ってくれた方もいるかと思うんですけど、

メイクディスアワーズです。みんなで作った勝利です。泣いてません。デビューした年の12月、

両国で試合したときに全然良くない試合で、僕なんて全然チャンピオンになれないと見捨てら

れるかと思ったら、こうやってみなさん来てくれて、感謝しています」と話していました。

 

某番組で試合までの村田選手に密着していましたが、読書好きで哲学を好むインテリボクサー。

絶対に完全勝利をしなければならないという大きなプレッシャーを跳ね除けての快勝、本当に

感動しました。村田選手、王座獲得おめでとうございます!! お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにも悲しすぎる映画『7つの贈り物』を観ました

2017-10-19 NEW!

 

先日、あまりにも悲しすぎる映画『7つの贈り物』を観ました。ウィル・スミス主演の映画

で、謎に包まれたまま映画が進行し、時間の経過とともに主人公の苦悩や、しようとしてい

る事が分かっていきます。よせばいいのに、この映画を観るのは2回目でした。

 

最初のうちは、主人公の行動があまりにも謎めいており、友人とのやり取りも、いったい

何を依頼しているのか? なぜ彼は困っている人に贈り物をしようとしているのか? 

映画はその答えのヒントを小出しにしながら、ラストへ向かっていきます。まったく予想の

つかない結末と、その後の感動。ミステリー要素も強く、つい最後まで観てしまう映画なの

です。

 

ウィル・スミス演じる主人公は、運転中に携帯電話に気を取られて大規模な事故を起こして

しまいます。現代ならではの携帯に囚われた主人公…十分あり得るケースです。そして、

その事故で、見知らぬ6人の命と、婚約者の命を一瞬にして失ってしまうのです。

 

悪夢に襲われ苦悩する主人公は、事故の翌年、仕事をやめ、病気で身体の弱い弟に肺を提供

します。そして、その6か月後、自分の肝臓をチャイルド・サービスで働くホリーに。やがて、

自分の使命を果たすかのように、彼はドナーを受けるに値する良い人を探し始め、腎臓や

骨髄を提供し、夫の暴力に苦しんでいる人には、自分が住んでいた家を提供してホテル生活に

突入していきます…。ここまでで5人への奉仕…。

 

残りの2人と、その方法がとても衝撃的なのですが、それは是非映画を観て知って頂きたいと

思います。全てを成し終えた後、助けられた人同士が出会うのですが、そのシーンは涙なく

しては見られない、何とも深い感情がこみ上げてくるものでした。

 

飲酒運転や携帯を見ながらの運転で、事故を起こしておきながらも、同じことを繰り返す…

そんな、酷い人も居る世の中、ここまで苦悩しなくてもとは思いますが、あってはならない

展開と心に刻み、ルールを守って生きる事の必要性を強く感じる事が出来ました。

 

それにしてもウィル・スミス…良い役者さんです。この役者さんの出ている映画は、あまり

ハズレがありません…。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客の『声なき声』にも手が届くようなメルカリさんに感嘆!!

2017-10-18 NEW!

 

10月10日放送のガイアの夜明け、シリーズ「激闘 シェア争い!」第2弾【"中古品"の覇者

新たな戦い!】ご覧になられましたか?デフレ時代の勝ち組として好調を堅持してきたリ

ユース業界の売り上げが、軒並み前年割れしており、そんな中で、挑戦を続ける企業が取り

上げられていました。

 

まずは、急成長している企業…フリーマーケット・アプリを運営する「メルカリ」。御存知の

方も多い事でしょう。サービス開始からわずか4年で、年間流通額は1,000億円超。現在、登録

数は国内だけで5,000万を超え、脅威の躍進を遂げています。

 

そんなメルカリが7月、サービス開始以来最大となるアップデートを行っています。今までは、

出品する商品の紹介は写真と文章だけでした。それを、出品者がライブで動画を配信しながら、

商品を紹介できるようにするというもの。誰もが手軽に自分の“通販チャンネル”を持てるよう

になるというシステムなのです。中古品を売るだけでなく、地方の生産者が新たな販路とし

て活用し始めていました。

 

更にメルカリは、たたみ掛けるようにその1ヶ月後、今度はブランド品の売買に特化した

「メルカリ メゾンズ」というアプリをリリース。このアプリ、ブランド品の鑑定を、過去の

メルカリの販売実績データから鑑定士を介さずに自動で行ってしまうという画期的なもの。

ブランド品の買取業者にとっては、行きにくい質屋などに行かなくても鑑定結果が分かって、

その場で売りに出せてしまうのですから、相当の脅威となること間違いなし。

 

品物を発送する時もヤマトに行って事前に送られてくるQRコードを読ませるだけで、伝票へ

の記入ができてしまうのですから、ライブ販売と言い、鑑定機能と言い…利用者の気持ちを、

よく把握していると感心しました。

 

一方、全国に800店舗以上を展開する大手「ブックオフコーポレーション」。こちらは、売り

場面積約900坪、商品約48万点という巨大店舗を展開するなど、リアル店舗ならではの新たな

戦略に打って出ています。また、中古品の買い取りにも積極的に動いており、昨年11月には、

東京・目黒区の自由が丘駅前店に“総合買取窓口”を設置。今までは本やDVDが中心だった

「ブックオフ」が、洋服・家電・ブランド品・ジュエリーなど、幅広く買い取りを行ってい

ます。

 

今やリピート客が後を絶たず、買取額が100万円に達する日もあるのだそうです。その人気

の秘密は、店長を務める佐々木雄大さんの接客。一人一人と向き合い丁寧に質問に応じる

ため、商談は1時間に及ぶことも…。これが客との信頼関係を生み、リピーター獲得に繋がっ

ているとのこと。今後、この“総合買取窓口”をさらに展開していきたいと考えている「ブック

オフ」だそうですが、最大の課題は、窓口を任せられる人材の育成。多店舗展開している事を

強みにして、ネットワーク活用の売買もできるようにしたら…そんな事も考えてしまいました。

 

メルカリに関しては、お金の販売が行われてしまうというニュースにあったように、大きく

なる事での管理の問題や、鑑定の確かさに対する不安はぬぐえず…。ブックオフに関しては、

トレジャーファクトリーや質屋としての形式は、むしろ後続となってしまうという現実があっ

て…どちらも厳しい所もあるでしょう。それでも、生き残るために、様々なアイデアを出し、

努力していく姿勢は大切な事。今後の展開に注目したいと思います。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ戻る