プログラム・日程表

PIL1 会長招聘講演

2017年7月18日(火)10:40-11:40 第1会場(大阪国際会議場 10階 1003会議室)

Chaperone-Dependent Sphingolipid Signaling

座長
:佐野 統(兵庫医科大学内科学講座リウマチ・膠原病科)
演者
:Timothy Hla(Boston Children's Hospital and Harvard Medical School)

SL-1 特別講演1

2017年7月18日(火)13:00 -14:00 第1会場(大阪国際会議場 10階 1003会議室)

iPS細胞と遺伝子改変霊長類技術を用いた精神・神経疾患研究

座長
:中畑 龍俊(京都大学 iPS細胞研究所)
演者
:岡野 栄之(慶應義塾大学医学部 生理学教室)

SL-2 特別講演2

2017年7月19日(水)14:30 -15:30 第1会場(大阪国際会議場 10階 1003会議室)

PGからみた炎症の慢性化:がん、免疫炎症、線維化から精神疾患まで

座長
:佐野 統(兵庫医科大学内科学講座リウマチ・膠原病科)
演者
:成宮 周(京都大学大学院医学研究科メディカルイノベーションセンター)

IL-1 招聘講演1

2017年7月18日(火)16:00 -17:00 第1会場(大阪国際会議場 10階 1003会議室)

オートファジーの分子機構と生理的意義

座長
:山本 一彦(理化学研究所統合生命医科学研究センター自己免疫疾患研究チーム)
演者
:水島 昇(東京大学大学院医学系研究科)

IL-2 招聘講演2

2017年7月18日(火)16:00 -17:00 第2会場(大阪国際会議場 10階 1001-2会議室)

制御性T細胞と炎症制御

座長
:三森 経世(京都大学大学院医学研究科 内科学講座臨床免疫学)
演者
:坂口 志文(大阪大学免疫学フロンティア研究センター)

IL-3 招聘講演3

2017年7月19日(水)11:05 -12:05 第1会場(大阪国際会議場 10階 1003会議室)

炎症とマクロファージ・サブセット

座長
:竹内 勤(慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科)
演者
:審良 静男(大阪大学WPI免疫学フロンティア研究センター)

EL-1 教育講演1

2017年7月18日(火)11:50 -12:50 第1会場(大阪国際会議場 10階 1003会議室)

生物学的製剤による全身性炎症性疾患に対する治療戦略の現況と未来

座長
:渥美 達也(北海道大学大学院医学研究院免疫・代謝内科学教室)
演者
:亀田 秀人(東邦大学医学部内科学講座膠原病学分野)
共催
:ヤンセンファーマ株式会社/田辺三菱製薬株式会社

EL-2 教育講演2

2017年7月18日(火)11:50 -12:50 第2会場(大阪国際会議場 10階 1001-2会議室)

関節リウマチ治療における新たなエビデンスと今後の展望

座長
:松井 聖(兵庫医科大学内科学講座リウマチ・膠原病科)
演者
:藤井 隆夫(和歌山県立医科大学医学部リウマチ・膠原病科学講座)
共催
:ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社/小野薬品工業株式会社

EL-3 教育講演3

2017年7月18日(火)11:50 -12:50 第3会場(大阪国際会議場 12階 特別会議場)

真の再生医療とは:生体の幹細胞・組織前駆細胞の新展開

座長
:宮島 篤(東京大学分子細胞生物学研究所)
演者
:落谷  孝広(国立がん研究センター研究所分子細胞治療研究分野)
共催
:ロート製薬株式会社

EL-4 教育講演4

2017年7月18日(火)11:50 -12:50 第4会場(大阪国際会議場 12階 1202会議室)

これからのリウマチ治療ストラテジー

座長
:佐野  統(兵庫医科大学内科学講座リウマチ・膠原病科)
演者
:田中 良哉(産業医科大学医学部第1内科学講座)
共催
:あゆみ製薬株式会社

EL-5 教育講演5

2017年7月18日(火)17:55 -18:55 第1会場(大阪国際会議場 10階 1003会議室)

生物学的製剤による治療戦略の現況と未来

座長
:田村  直人(順天堂大学医学部 膠原病内科)
EL-5-1 RAにおける滑膜増殖のメカニズムと炎症制御
演者:廣畑 俊成(信原病院)
EL-5-2 免疫研究の成果と生物学的製剤を含めた臨床応用
演者:熊ノ郷 淳(大阪大学大学院医学系研究科呼吸器・免疫内科学)
共催
:中外製薬株式会社

EL-6 教育講演6

2017年7月18日(火)17:55 -18:55 第2会場(大阪国際会議場 10階 1001-2会議室)

炎症性疾患と病因サイトカイン

座長
:桑名 正隆(日本医科大学大学院医学研究科 アレルギー膠原病内科学分野)
EL-6-1 生体で最も危険なサイトカインIL-1の自己炎症症候群における役割
演者:井田 弘明(久留米大学医学部呼吸器・神経・膠原病内科)
EL-6-2 炎症性疾患発症におけるIL17の役割
演者:岩倉 洋一郎(東京理科大学生命医科学研究所ヒト疾患モデル研究センター)
共催
:ノバルティス ファーマ株式会社

EL-7 教育講演7

2017年7月18日(火)17:55 -18:55 第3会場(大阪国際会議場 12階 特別会議場)

RA治療におけるJAK 阻害薬の臨床的意義

座長
:住田 孝之(筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー))
演者
:渥美 達也(北海道大学大学院医学研究院免疫・代謝内科学教室)
共催
:ファイザー株式会社/武田薬品工業株式会社

EL-8 教育講演8

2017年7月18日(火)17:55 -18:55 第4会場(大阪国際会議場 12階 1202会議室)

生体骨イメージングで解く骨吸収抑制薬の作用機序
~抗RANKL抗体とBPの違いなど~

座長
:佐田  政隆(徳島大学大学院医歯薬学研究部 循環器内科学分野)
演者
:石井 優(大阪大学医学系研究科免疫細胞生物学)
共催
:第一三共株式会社

EL-9 教育講演9

2017年7月19日(水)8:00 -9:00 第2会場(大阪国際会議場 10階 1001-2会議室)

炎症性腸疾患に対する分子標的治療の進歩

座長
:川合  眞一(東邦大学医学部 炎症・疼痛制御学講座)
演者
:久松 理一(杏林大学医学部第三内科学)
共催
:日医工株式会社

EL-10 教育講演10

2017年7月19日(水)8:00 -9:00 第3会場(大阪国際会議場 12階 特別会議場)

超音波画像による関節炎モニタリング ーレバレッジ効果とセレンディピティー

座長
:亀田 秀人(東邦大学医学部内科学講座膠原病学分野)
演者
:小笠原 倫大(順天堂大学膠原病内科)
共催
:アッヴィ合同会社/エーザイ株式会社

EL-11 教育講演11

2017年7月19日(水)12:30 -13:30 第1会場(大阪国際会議場 10階 1003会議室)

免疫チェックポイント阻害剤の開発について

座長
:上阪  等(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科膠原病・リウマチ内科学分野)
演者
:北野 滋久(国立がん研究センター中央病院先端医療科)
共催
:小野薬品工業株式会社

EL-12 教育講演12

2017年7月19日(水)12:30 -13:30 第2会場(大阪国際会議場 10階 1001-2会議室

リウマチ性疾患の発症と増悪を抑えることはできるか!?

EL-12-1 リウマチ性疾患の発症と増悪を抑えることはできるか!?-自己抗体から見たRAの病態と治療-
座長:竹内 勤(慶應義塾大学医学部リウマチ・膠原病内科)
演者:三森  経世(京都大学大学院医学研究科内科学講座臨床免疫学)
EL-12-2 リウマチ性疾患の発症と増悪を抑えることはできるか!?―サイトカインから見た病態と治療―
座長:三森  経世(京都大学大学院医学研究科内科学講座臨床免疫学)
演者:竹内 勤(慶應義塾大学医学部リウマチ・膠原病内科)
共催
:田辺三菱製薬株式会社

EL-13 教育講演13

2017年7月19日(水)12:30 -13:30 第3会場(大阪国際会議場 12階 特別会議場)

関節リウマチ分子標的治療薬の有効性評価と最適化

座長
:熊ノ郷 淳(大阪大学大学院医学系研究科呼吸器・免疫内科学)
演者
:川上 純(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科先進予防医学共同専攻先進予防医学講座リウマチ
 ・膠原病内科学分野)
共催
:アステラス製薬株式会社/ユーシービージャパン株式会社

EL-14 教育講演14

2017年7月19日(水)12:30 -13:30 第4会場(大阪国際会議場 12階 1202会議室)

関節リウマチの治療におけるJAK 阻害薬の臨床的意義

座長
:針谷 正祥(東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター
 リウマチ性疾患薬剤疫学研究部門)
演者
:田中 良哉(産業医科大学医学部第1内科学講座)
共催
:日本イーライリリー株式会社

EL-15 教育講演15

2017年7月19日(水)8:00 -9:00 第4会場(大阪国際会議場 12階 1202会議室)

間葉系幹細胞の臨床応用における細胞純化の重要性

座長
:松崎 有未(島根大学医学部生命科学講座)

EL-15-1 超高純度ヒト間葉系幹細胞 "REC"
演者:松崎 有未(島根大学医学部生命科学講座)
EL-15-2 高い治療効果を有する歯髄幹細胞の分離をめざして
演者:安居 孝純(慶應義塾大学医学部歯科・口腔外科学教室、川崎市立川崎病院歯科口腔外科)

共催
:PuREC株式会社

S1 シンポジウム1

2017年7月18日(火)8:40 -10:40 第1会場(大阪国際会議場 10階 1003会議室)

免疫制御と再生医療

座長
:熊ノ郷 淳(大阪大学大学院医学系研究科呼吸器・免疫内科学)
 辻川 元一(大阪大学大学院医学研究科視覚再生医学寄附講座)
S1-1 免疫overview
演者:熊ノ郷 淳(大阪大学大学院医学系研究科呼吸器・免疫内科学)
S1-2 HLAホモ由来の再生医療用iPS細胞ストックの構築について
演者:梅景 雅史(京都大学iPS細胞研究所基盤技術研究部門)
S1-3 再生医学研究におけるMHC型特定カニクイザル
演者:小笠原 一誠(滋賀医科大学動物生命科学研究センター)
S1-4 重症心不全に対するアロ細胞移植―免疫学的見地からの検証―
演者:宮川 繁(大阪大学医学系研究科先進幹細胞治療学講座)
S1-5 iPS細胞関連網膜色素上皮細胞の他家移植への取り組み
演者:杉田 直(理化学研究所多細胞システム形成研究センター網膜再生医療研究開発プロジェクト)

S2 シンポジウム2

2017年7月18日(火)8:40 -10:40 第2会場(大阪国際会議場 10階 1001-2会議室)

iPS細胞を用いた創薬

座長
:岡野 栄之 (慶應義塾大学医学部生理学教室)
 中畑 龍俊 (京都大学iPS 細胞研究所)
S2-1 iPS細胞技術を用いた神経疾患病態解明と創薬研究
演者:岡野 栄之(慶應義塾大学医学部生理学教室)
S2-2 iPS細胞を活用した血液免疫難病における治療法開発戦略
演者:大津 真(東京大学医科学研究所)
S2-3 iPS細胞を用いた循環器疾患の病態解明
演者:湯浅 慎介(慶應義塾大学医学部循環器内科)
S2-4 疾患iPS細胞を活用した難治性骨軟骨疾患に対する創薬
演者:戸口田 淳也(京都大学ウイルス・再生医科学研究所、京都大学iPS 細胞研究所)
S2-5 先天性免疫疾患のiPS細胞を用いた病態研究
演者:齋藤 潤(京都大学iPS細胞研究所)

S3 シンポジウム3

2017年7月18日(火)8:40 -10:40 第3会場(大阪国際会議場 12階 特別会議場)

炎症と老化

座長
:成宮 周(京都大学大学院医学研究科メディカルイノベーションセンター)
 柳田 素子(京都大学大学院医学研究科腎臓内科学)
S3-1 老化と炎症による組織可塑性低下のメカニズム
演者:柳田 素子(京都大学大学院医学研究科腎臓内科学)
S3-2 老化関連T細胞の誘導メカニズムとその制御
演者:服部 雅一(京都大学医学研究科AKプロジェクト)
S3-3 がん微小環境の細胞老化随伴分泌現象による肥満誘導性肝がんの促進機構
演者:大谷 直子(大阪市立大学大学院医学研究科)
S3-4 炎症と目のエイジング
演者:坪田 一男(慶應義塾大学医学部眼科学教室)
S3-5 寿命・老化と環境応答のエピジェネティクス制御
演者:西田 栄介(京都大学大学院生命科学研究科)

S4 シンポジウム4

2017年7月18日(火)8:40 -10:40 第4会場(大阪国際会議場 12階 1202会議室)

リピッドメデイエーター

座長
:村上 誠(東京都医学総合研究所脂質代謝プロジェクト)
 馬嶋 正隆(北里大学大学院医療系研究科分子薬理学)
S4-1 脂肪酸代謝バランスによる炎症性疾患の制御
演者:有田 誠(慶應義塾大学薬学部代謝生理化学、理化学研究所統合生命医科学研究センター、横浜市立大学大学院生命医科学研究科)
S4-2 心筋梗塞におけるDHA型リゾホスファチジン酸の役割
演者:青木 淳賢(東北大学大学院薬学研究科)
S4-3 BLT2受容体の上皮保護作用
演者:横溝 岳彦(順天堂大学大学院医学研究科)
S4-4 表皮の脂質代謝とアレルギー疾患
演者:武富 芳隆(東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センター、東京都医学総合研究所脂質代謝プロジェクト)
S4-5 病態時のリンパ管、リンパ組織の可塑性を制御する生理活性脂質の役割
演者:馬嶋 正隆(北里大学大学院医療系研究科分子薬理学)

S5 シンポジウム5

2017年7月18日(火)14:00 -16:00  第1会場(大阪国際会議場 10階 1003会議室)

組織工学を活用した再生医療(再生医療学会合同)

座長
:田畑 泰彦(京都大学ウイルス・再生医科学研究所生体材料学分野)
 玉井 克人(大阪大学大学院医学系研究科再生誘導医学寄付講座)
S5-1 再生医療のための核酸導入技術
演者:城 潤一郎(京都大学ウイルス・再生医科学研究所)
S5-2 形成外科領域における再生医療の最前線
演者:磯貝 典孝(近畿大学医学部形成外科)
S5-3 耳鼻咽喉科領域における組織工学再生治療の最前線
演者:羽藤 直人(愛媛大学医学系研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科)
S5-4 末梢循環間葉系幹細胞による組織再生制御
演者:新保 敬史(大阪大学医学系研究科再生誘導医学寄附講座)
S5-5 組織工学を用いた多層化心筋組織の作製と治療応用
演者:山下 潤(京都大学iPS細胞研究所)

S6 シンポジウム6

2017年7月18日(火)14:00 -16:00  第2会場(大阪国際会議場 10階 1001-2会議室)

ゲノム機能学からみた炎症・免疫

座長
:山本 一彦(理化学研究所統合生命医科学研究センター自己免疫疾患研究チーム)
 吉村 昭彦(慶應義塾大学医学部微生物学免疫学教室)
S6-1 病原性メモリーCD4T細胞の形成と機能維持機構ークロマチンレベルでの制御機構ー
演者:中山 俊憲(千葉大学大学院医学研究院免疫発生学)
S6-2 DNA脱メチル化による制御性T細胞の安定性制御
演者:吉村 昭彦(慶應義塾大学医学部微生物学免疫学教室)
S6-3 遺伝性疾患の解析から慢性炎症病態を読み解く
演者:安友 康二(徳島大学大学院医歯薬学研究部)
S6-4 ゲノム機能解析による自己免疫疾患の病因解明
演者:石垣 和慶(理化学研究所統合生命医科学研究センター)
S6-5 ゲノム統計学からみた炎症・免疫
演者:岡田 随象(大阪大学大学院医学系研究科)

S7 シンポジウム7

2017年7月18日(火)14:00 -16:00  第3会場(大阪国際会議場 12階 特別会議場)

血管の炎症と再生

座長
:森田 育男(お茶の水女子大学副学長)
 髙倉 伸幸(大阪大学微生物病研究所情報伝達分野)
S7-1 動脈硬化の病態における慢性炎症の役割とその分子基盤
演者:佐田 政隆(徳島大学大学院医歯薬学研究部循環器内科学分野)
S7-2 細胞間相互作用による炎症慢性化と生活習慣病
演者:小川 佳宏(九州大学大学院医学研究院病態制御内科学、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科分子内分泌代謝学分野)
S7-3 三次元微小血管による血管透過性評価系の構築
演者:松永 行子(東京大学生産技術研究所)
S7-4 血管の再構築による腫瘍制御
演者:高倉 伸幸(大阪大学微生物病研究所情報伝達分野)
S7-5 リンパ管の形成と維持におけるシグナル・転写ネットワークの役割
演者:渡部 徹郎(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科硬組織病態生化学分野)

S8 シンポジウム8

2017年7月18日(火)14:00 -16:00  第4会場(大阪国際会議場 12階 1202会議室)

iPS細胞を用いた再生医療

座長
:妻木 範行(京都大学iPS 細胞研究所増殖分化機構研究部門)
 林 竜平(大阪大学大学院医学系研究科幹細胞応用医学寄附講座)
S8-1 再生医療用iPS細胞ストックの概要
演者:高須 直子(京都大学iPS細胞研究所)
S8-2 同種iPS細胞由来軟骨による関節軟骨損傷の再生治療研究
演者:妻木 範行(京都大学iPS 細胞研究所増殖分化機構研究部門)
S8-3 パーキンソン病に対するiPS細胞由来ドパミン神経細胞他家移植
演者:高橋 淳(京都大学iPS細胞研究所)
S8-4 iPS細胞由来心筋組織移植による心不全に対する新しい治療法の開発
演者:宮川 繁(大阪大学大学院医学系研究科先進幹細胞治療学講座)
S8-5 iPS細胞を用いた角膜再生医療
演者:林 竜平(大阪大学大学院医学系研究科幹細胞応用医学寄附講座)

S9 シンポジウム9

2017年7月19日(水)9:05 -11:05 第1会場(大阪国際会議場 10階 1003会議室)

皮膚再生の最前線

座長
:天谷 雅行(慶應義塾大学医学部皮膚科)
 椛島 健治(京都大学大学院医学研究科皮膚科学)
S9-1 iPS細胞におけるゲノム編集技術を活用した遺伝性皮膚炎のモデル化
演者:Woltjen Knut(京都大学iPS細胞研究所)
S9-2 毛包の再生と老化のプログラム
演者:西村 栄美(東京医科歯科大学難治疾患研究所)
S9-3 骨髄由来間葉系細胞による表皮水疱症治療
演者:玉井 克人(大阪大学医学系研究科再生誘導医学寄付講座)
S9-4 ヒト毛包再生に向けた上皮-間葉系相互作用を可能にする細胞の作成-Dermal papilla細胞を中心に-
演者:大山 学(杏林大学医学部皮膚科学教室)

S10 シンポジウム10

2017年7月19日(水)9:05 -11:05 第2会場(大阪国際会議場 10階 1001-2会議室)

関節リウマチの最前線

座長
:竹内 勤(慶應義塾大学医学部リウマチ・膠原病内科)
 田中 良哉(産業医科大学医学部第1 内科学講座)
S10-1 RA治療の最前線-2017
演者:竹内 勤(慶應義塾大学医学部リウマチ・膠原病内科)
S10-2 SpA治療recommendationの最前線
演者:小林 茂人(順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院内科)
S10-3 抗TNFバイオの最前線
演者:山中 寿(東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター)
S10-4 Non-TNFバイオの最前線
演者:桑名 正隆(日本医科大学アレルギー膠原病内科)
S10-5 JAK阻害薬の最前線
演者:田中 良哉(産業医科大学医学部第1内科学講座)

S11 シンポジウム11

2017年7月19日(水)9:05 -11:05 第3会場(大阪国際会議場 12階 特別会議場)

疾患と幹細胞

座長
:落谷 孝広(国立がん研究センター研究所分子細胞治療研究分野)
 田賀 哲也(東京医科歯科大学難治疾患研究所幹細胞制御分野)
S11-1 ストレスシグナルによる幹細胞老化と造血器腫瘍
演者:岩間 厚志(千葉大学大学院医学研究院細胞分子医学)
S11-2 神経膠腫癌幹細胞の利己的生存戦略による癌の進展
演者:田賀 哲也(東京医科歯科大学難治疾患研究所幹細胞制御分野)
S11-3 ダイレクトリプログラミングによる肝前駆細胞の作製
演者:落谷 孝広(国立がん研究センター研究所分子細胞治療研究分野)
S11-4 幹細胞のゲノム安定性による疾患の理解と治療へのアプローチ
演者:洪 実(慶應義塾大学医学部坂口記念システム医学講座))

S12 シンポジウム12

2017年7月19日(水)9:05 -11:05 第4会場(大阪国際会議場 12階 1202会議室)

炎症の慢性化と線維化の制御

座長
:宮坂 昌之(大阪大学未来戦略機構)
 亀田 秀人(東邦大学医学部内科学講座膠原病学分野)
S12-1 疾患特異的マクロファージの機能的多様性
演者:佐藤 荘(大阪大学微生物病研究所自然免疫学、2大阪大学免疫学フロンティア研究センター自然免疫学)
S12-2 肺線維症における活性化線維芽細胞の起源とその活性化制御機構
演者:七野 成之(東京大学大学院医学系研究科分子予防医学教室、日本医療研究開発機構(AMED)、戦略的創造研究推進事業(CREST))
S12-3 肺線維症の細胞分子病態と関連遺伝子
演者:西岡 安彦(徳島大学大学院医歯薬学研究部呼吸器・膠原病内科学分野)
S12-4 疾患の進行度を推測するのに有効な糖鎖バイオマーカーの開発と臨床的意義
演者:久野 敦(産業技術総合研究所創薬基盤研究部門)
S12-5 骨髄線維症と巨核球分化異常
演者:岩間 厚志(千葉大学大学院医学研究院細胞分子医学)

S13 シンポジウム13

2017年7月19日(水)15:30 -17:30 第1会場(大阪国際会議場 10階 1003会議室)

骨・軟骨の炎症と再生(骨免疫学会合同)

座長
:高柳 広(東京大学大学院医学系研究科免疫学)
 石井 優(大阪大学大学院医学系研究科免疫細胞生物学)
S13-1 骨折治癒と免疫・炎症
演者:小野 岳人(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科分子情報伝達学)
S13-2 関節炎でのTh17分化
演者:真村 瑞子(東京医科大学医師・学生・研究者支援センター、東京医科大学分子病理学分野、韓国国立慶北大学校病院生命医学研究所)
S13-3 変形性関節症における分子標的治療研究:SIK3をターゲットとして
演者:妻木 範行(京都大学iPS 細胞研究所増殖分化機構研究部門)
S13-4 骨・軟骨組織と体内時計
演者:八木田 和弘(京都府立医科大学)
S13-5 自己免疫性関節炎と自然リンパ球
演者:廣田 圭司(京都大学ウイルス・再生医科学研究所統合生体プロセス分野)

S14 シンポジウム14

2017年7月19日(水)15:30 -17:30 第2会場(大阪国際会議場 10階 1001-2会議室)

がん免疫療法:PD-1に続くもの:Treg制御、MDSCの本体制御

座長
:松島 綱治(東京大学大学院医学系研究科分子予防医学)
 西川 博嘉(国立がん研究センター研究所腫瘍免疫研究分野/先端医療開発センター免疫TR 分野)
S14-1 がん免疫における制御性T細胞の役割
演者:西川 博嘉(国立がん研究センター研究所腫瘍免疫研究分野/先端医療開発センター免疫TR分野)
S14-2 次の免疫チェックポイント分子
演者:猪爪 隆史(山梨大学医学部 皮膚科学講座)
S14-3 メトホルミンによる腫瘍浸潤制御性T細胞の抑制
演者:鵜殿 平一郎(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)
S14-4 プロパゲルマニウム(SK-818)の骨髄由来細胞制御機構による癌転移巣増殖抑制について
演者:三森 功士(九州大学病院別府病院外科)
S14-5 抗CD4抗体と免疫チェックポイント抗体との併用によるがん免疫療法
演者:松島 綱治(東京大学大学院医学系研究科分子予防医学)

S15 シンポジウム15

2017年7月19日(水)15:30 -17:30 第3会場(大阪国際会議場 12階 特別会議場)

ライブイメージング・組織工学

座長
:山下 潤(京都大学iPS 細胞研究所)
 松崎 有未(島根大学医学部生命科学講座)
S15-1 多能性幹細胞を用いた新しい3次元的組織モデル
演者:山下 潤(京都大学iPS細胞研究所)
S15-2 iPS細胞由来ミニ肝臓を用いた再生医療
演者:武部 貴則(横浜市立大学大学院医学研究科、シンシナティ小児病院)
S15-3 OCT技術による三次元in vitro血管新生モデルの非侵襲ライブイメージング
演者:松永 行子(東京大学生産技術研究所統合バイオメディカルシステム国際研究センター)
S15-4 広視野・高解像度・高速イメージングでみる生体宇宙のすべて
演者:西村 智(自治医科大学分子病態研究部、東京大学 循環器内科・TSBMI、JST さきがけ)
S15-5 骨の中の生きたままでのイメージング
演者:石井 優(大阪大学大学院医学系研究科免疫細胞生物学)

S16 シンポジウム16

2017年7月19日(水)15:30 -17:30 第4会場(大阪国際会議場 12階 1202会議室)

腸内微生物と疾患

座長
:竹田 潔(大阪大学医学系研究科免疫制御学)
 久松 理一(杏林大学医学部第三内科学)
S16-1 腸内細菌と炎症性腸疾患
演者:久松 理一(杏林大学医学部第三内科学)
S16-2 腸内細菌および腸内代謝産物の解析による非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)の病態
演者:中島 淳(横浜市立大学院 肝胆膵消化器病学教室)
S16-3 腸内細菌と多発性硬化症
演者:三宅 幸子(順天堂大学医学部 免疫学講座)
S16-4 腸管恒常性の維持機構
演者:竹田 潔(大阪大学 医学系研究科 免疫制御学)
S16-5 皮膚細菌叢とアトピー性皮膚炎
演者:天谷 雅行(慶應義塾大学医学部皮膚科、理化学研究所統合生命医科学研究センター)